ジン

【オススメのカナダのジン】『エンプレス1908』|綺麗なブルーからトニックウォーターで美しいピンクへ変身!

マスター蔵本
マスター蔵本
今回は花の左様で色が変化する、見た目も味も素晴らしく『ワールド・ジンアワード2018 ベストカナディアンクラシックジン』に選び出された1本ですね。
DEFU子
DEFU子
ええ。本当に驚きました!

ぜひ皆さんにも紹介したくて取り上げました。

タイトルでも記載した通り、ブルーから不思議と赤紫から綺麗なピンクへ変化を遂げる『エンプレス1908』は、いつもの家飲みに花を添えるような1本です。

ぜ最後まで読んで頂き、次回購入するお酒のリストへ入れてみてください。

価格:4,000円前後

『エンプレス1908』をご紹介

カナダのジン『エンプレス1908』
マスター蔵本
マスター蔵本
エンプレスは、カナダの『ヴィクトリア蒸留所』と『ザ・フェアモント・エンプレスホテル』のバー『Q at the Empress』の共同開発によって誕生しました。
DEFU子
DEFU子
蒸溜所とバーとの共同開発だったんですね。
色が変わった瞬間、まるで魔法のようでした。

『エンプレス1908』の1908は、『ザ・フェアモント・エンプレスホテル』の創業年1908年からとったものだそうです。

『エンプレス1908』の色が変わる秘密とは?

マスター蔵本
マスター蔵本
色が変化する『エンプレス1908』の魔法の真相は、天然素材の『バタフライピーの花』から抽出されている成分によります。

↓↓↓

バタフライピーの花のアルカリ性が、トニックウォーターや柑橘系のトッピングにより、酸性へと変化することで、インディコブルーが徐々に淡いピンク色へと変身します。

エンプレス1908のボタニカル
  1. ジュニパー
  2. バタフライピーの花
  3. フェアモントエンプレスブレンドティー
  4. グレープフルーツピール
  5. コリアンダーシード
  6. ローズペタル
  7. ジンジャールート
  8. シナモンバーク

 

『エンプレス1908』の味わいをご紹介

DEFU子
DEFU子
見た目もさることながら、ジンとしての味もピカイチでした。

個人的な意見ですが、『季の美』とは違いますが、外国バージョンといった印象です。

種類ジン
容量・アルコール度数容量:750ml(アルコール度数42.5%)
所有者(製造元)ヴィクトリア蒸留所
香り

  • ジンらしいジュニパーベリーの香り
  • 爽やかな柑橘系の甘く清涼な香り
  • 季の美とは違う爽やかな柑橘系の香り
味わい

  • (含んだ瞬間)
    ジンらしいジュニパーベリーのフルーティーな香りが広がる。
  • (中盤)
    オレンジやグレープフルーツのような、爽やかでフレッシュな風味がする。
  • (飲んだ後)
    静かな甘い風味で締め括られる。
何料理に合う?肉料理・バニラアイス
初心者向け
ジュニパーベリーの風味はしっかりと感じるものの、全くエグミを感じません。
総合評価
DEFU子
DEFU子
『季の美』のファンの方は、ぜひ試して頂きたい1本です。
ぜひご賞味あれ!
価格:4,000円前後

 

【飲み方】『エンプレス1908』のtasting note

エンプレス1908のテイスティングノート
DEFU子
DEFU子
今回は、トニックウォーターを加えオレンジを添えたカクテルにしました。

トニックウォーターの量により、淡いピンク色の濃さは調節できるので、ぜひお好みの色合いでお試しください。

味わいは上記でお伝えした通り、『季の美』のようでありながら、季の美とは一味違うボタニカルの風味を感じることができます。

 

【おつまみ】『エンプレス1908』に合わせたメニューとは?

『エンプレス1908』とベーコンバター炒めを合わせてみた!
DEFU子
DEFU子
今回合わせたおつまみは、超簡単なベーコンと小松菜のバター炒めです。

サッパリとした『エンプレス』と、スモーキーなベーコンをバターでコッテリ炒めたおつまみの相性はぴったりでした。

『エンプレス1908』は、ジン特有のジュニパーベリーの香りがとても爽やかで、えぐみを全く感じないので、料理との相性は抜群です。

DEFU子
DEFU子
まるで、ちょっとお洒落な居酒屋が家飲みで実現したかのようでした。

これは、ホームパーティーやプレゼントでも喜ばれる1本です。

ぜひご賞味あれ!
価格:4,000円前後

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)