定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

NEWS|2022年人気の国産ウイスキーが価格改定!値上げ情報一覧

大人気の国産ウイスキー【サントリー響・山崎・白州・知多】【ニッカウヰスキー】【秩父蒸溜所のイチローズモルト大人気のリーフシリーズ】など、各メーカーが2022年価格改定を発表しています。 一挙に改定される価格と、ラインナップをご紹介しますので、ぜひご参考ください。
DEFU子

5月にジャパニーズウイスキーの輸出金額が、前年同月比29%増の48億円と発表されました。
しかし、続々と各メーカーが価格改定を発表しています。

市場は拡大しているものの、国際情勢の混乱でウイスキーに欠かせない原料の高騰や物流にかかるコストなど、どのメーカーも同様に問題を抱えているのが実情です。

マスター蔵本

そのため、今後の安定供給を確保するために価格改定の決断に至ったと多くのメーカーが発表していますね。

DEFU子

いちウイスキーファンとしては、変わらず応援し続けるしかありません!

とは言っても、どのぐらい価格改定がされていくのか、今後のウイスキーコレクションや日々の家飲みボトルを購入するために重要な情報です。
今回は、定番品のものからプレミア価格となっているボトルまで対象となる銘柄を一挙にご紹介していきますので、ぜひ購入する際の参考にしてください。

目次

サントリー|2022年4月〜価格改定(※2022年7月情報)

【1】響シリーズ|4種類の価格改定

マスター蔵本

響は、芳醇で豊かな香りが特長です。

種類ブレンデッドウイスキー
主な原酒(キーモルト)・山崎蒸溜所(モルト原酒)
・白州蒸溜所(モルト原酒)
・知多蒸溜所(グレーンウイスキー)

価格改定情報はこちら

響30年(700ml)

【新】160,000円(改定率28%)
【旧】125,000円
響21年(700ml)

【新】32,000円(改定率28%)
【旧】25,000円
響ブレンダーズチョイス
(700ml)


【新】12,000円(改定率20%)
【旧】10,000円
響ジャパニーズハーモニー
(700ml)


【新】5,500円(改定率 10%)
【旧】5,000円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
※現状プレミア価格です
¥81,798 (2021/11/16 15:12時点 | Amazon調べ)
※定価は税込:10,800円なので、まだ定価に近い価格で購入できます(2021年11月)
¥14,007 (2021/11/16 15:08時点 | Amazon調べ)
ノンエイジのウイスキー(※定価5,000円に近い価格を探しましたがプレミアム価格になっているようです)
¥11,100 (2021/11/16 15:09時点 | Amazon調べ)

【2】山崎シリーズ|4種類の価格改定

マスター蔵本

山崎は、味・香りのバランスが良く、ウッディーさやすっきりとしたフルーティーな甘さが特長的です。

種類シングルモルトウイスキー
主な原酒(キーモルト)・ミズナラ樽原酒
・シェリー樽原酒
・ワイン樽原酒…など
(※ ラベルによって使用される原酒は異なります)

価格改定情報はこちら

山崎25年(700ml)

【新】160,000円(改定率28%)
【旧】125,000円
山崎18年(700ml)

【新】32,000円(改定率28%)
【旧】25,000円
山崎12年(700/50ml)

● 700ml
【新】10,000円(改定率18%)
【旧】8,500円
● 50ml
【新】880円(改定率21%)
【旧】730円
山崎 ※ノンエイジ
(700/180ml)


● 700ml
【新】4,500円(改定率 7%)
【旧】4,200円
● 180ml
【新】1,250円(改定率 10%)
【旧】1,140円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
※現状プレミア価格です
¥25,800 (2021/11/30 23:40時点 | Amazon調べ)

【3】白州シリーズ|4種類の価格改定

マスター蔵本

白州は、森林を思わせるミントのような爽やで、クリアな飲み心地が特長です。

種類シングルモルトウイスキー
主な原酒(キーモルト)・オーク樽原酒
・シェリー樽原酒…など
(※ ラベルによって使用される原酒は異なります)

価格改定情報はこちら

白州25年(700ml)

【新】160,000円(改定率28%)
【旧】125,000円
白州18年(700ml)

【新】32,000円(改定率28%)
【旧】25,000円
白州12年(700ml)

● 700ml
【新】10,000円(改定率18%)
【旧】8,500円
白州 ※ノンエイジ
(700/180ml)


● 700ml
【新】4,500円(改定率 7%)
【旧】4,200円
● 180ml
【新】1,250円(改定率 10%)
【旧】1,140円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥82,490 (2021/11/07 13:51時点 | Amazon調べ)
※NV=ノンヴィンテージ(塾数年数を表記しないウイスキー)
¥7,612 (2021/11/07 13:46時点 | Amazon調べ)

【4】知多|価格改定

マスター蔵本

知多は、穀物由来の甘さ(バニラやカカオといった風味)が特長です。

種類グレーンウイスキー
主な原酒(キーモルト)・ホワイトオーク樽原酒
・ワイン樽原酒
・スパニッシュオーク樽原酒…など

価格改定情報はこちら

知多
(700/350/180ml)


● 700ml
【新】4,000円(改定率5%)
【旧】3,800円
● 350ml
【新】2,000円(改定率5%)
【旧】1,900円
● 180ml
【新】1,130円(改定率10%)
【旧】1,030円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。

ニッカウヰスキー|2022年10月1日〜価格改定(※2022年7月情報)

【1】竹鶴ピュアモルト|価格改定

マスター蔵本

竹鶴ピュアモルトは、余市の重厚なコクと宮城峡の華やかなフルーティーさ、両方の個性を引き継いでいるのが特長です。

種類ブレンデッドモルトウイスキー
主な原酒(キーモルト)・余市蒸溜所と宮城峡蒸溜所のシェリー樽原酒
・宮城峡蒸溜所のリメード樽原酒

価格改定情報はこちら

竹鶴ピュアモルト
(700ml)


● 700ml
【新】4,500円(改定率13%)
【旧】4,000円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥6,750 (2021/11/09 11:43時点 | Amazon調べ)

【2】シングルモルト余市|価格改定

マスター蔵本

余市は、スモーキーで力強い重厚な味わいが特長です。

種類シングルモルトウイスキー
主な原酒(キーモルト)

価格改定情報はこちら

シングルモルト余市
(700ml)


● 700ml
【新】4,500円(改定率7%)
【旧】4,200円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥5,300 (2021/11/08 17:24時点 | Amazon調べ)

【3】シングルモルト宮城峡|価格改定

マスター蔵本

宮城峡は、華やかでフルーティーな味わいが特長です。

種類シングルモルトウイスキー
主な原酒(キーモルト)

価格改定情報はこちら

シングルモルト宮城峡
(700ml)


● 700ml
【新】4,500円(改定率7%)
【旧】4,200円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥4,889 (2021/11/08 17:27時点 | Amazon調べ)

【4】ザ・ニッカ|価格改定

マスター蔵本

ザ・ニッカは、モルトのコクとカフェグレーン由来の優しい甘さが特長です。

種類ブレンデッドウイスキー
主な原酒(キーモルト)・余市蒸溜所モルト原酒
・宮城峡蒸溜所シェリー樽原酒
・カフェグレーン

価格改定情報はこちら

ザ・ニッカ(700ml)

● 700ml
【新】6,500円(改定率8%)
【旧】6,000円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥5,753 (2022/07/23 12:47時点 | Amazon調べ)

【5】スーパーニッカ|価格改定

マスター蔵本

スーパーニッカは、ベリーのような甘酸っぱい香りや、樽香・グレーンのスムーズな飲み心地などが特長です。

種類ブレンデッドウイスキー
主な原酒(キーモルト)一部輸入原酒を使用

価格改定情報はこちら

スーパーニッカ
(700/500ml)


● 700ml
【新】2,800円(改定率12%)
【旧】2,500円
● 500ml
【新】2,050円(改定率12%)
【旧】1,830円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥2,549 (2022/07/23 12:45時点 | Amazon調べ)

【6】フロム ザ バレル|価格改定

マスター蔵本

フロムザバレルは、重厚なコクと豊かな香りが特長です。

種類ブレンデッドウイスキー
主な原酒(キーモルト)一部輸入原酒を使用

価格改定情報はこちら

スーパーニッカ
(700/500ml)


● 700ml
【新】2,800円(改定率17%)
【旧】2,400円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。

秩父蒸溜所|2022年4月〜価格改定(※2022年7月情報)

【1】イチローズモルトのリーフシリーズ|4種類の価格改定

マスター蔵本

イチローズモルトのリーフシリーズは、フルーティーで、クリアだけどの見応えを感じるのが特長です。

種類ラベルにより違います
主な原酒(キーモルト)・ミズナラ樽原酒
・シェリー樽
・赤ワイン樽…など
(※ ラベルによって使用される原酒は異なります)

価格改定情報はこちら

イチローズモルト
ダブルディスティラリーズ
(700ml)
ブレンデッドモルトウイスキー



【新】8,800円(改定率33%)
【旧】6,600円
イチローズモルト
ミズナラウッドリザーブ
(700ml)
ブレンデッドモルトウイスキー



【新】8,800円(改定率33%)
【旧】6,600円
イチローズモルト
ワインウッドリザーブ
(700ml)
ブレンデッドモルトウイスキー



● 700ml
【新】8,800円(改定率33%)
【旧】6,600円
イチローズモルト&
グレーン リミテッドエディション
(700ml)
ブレンデッドウイスキー



● 700ml
【新】11,000円(改定率 11%)
【旧】9,900円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税込表記です。
※大人気で希少価値が高いためプレミア価格
¥17,000 (2022/07/24 12:14時点 | Amazon調べ)
※大人気で希少価値が高いためプレミア価格
¥16,200 (2022/07/24 12:16時点 | Amazon調べ)

ウイスキーの価格が高騰している多くの原因とは?

価格改定の原因
  • 国際情勢の混乱などで、原料や原油価格、物流費や包装資材の高騰
  • 日本のウイスキー需要が国内外で拡大で生産が追いつか無いため、安定供給を行うために生産設備の増強
マスター蔵本

上記でご紹介した通り各メーカーが共通するのが、今後の安定供給に向けた対策のためです。

DEFU子

メーカーにとっては、苦渋の決断ですよね。

山崎や響をはじめ、今回ご紹介したウイスキーはどれも大人気のボトルです。
そういったボトルは、価格改定以前に入手困難なため希少価値が高くなり、プレミア価格で発売されています。
今後は価格改定の影響も少なからず出てくるでしょう。

気になっている方は、ぜひご参考にしてください。

  1. サントリー|2022年4月〜価格改定(※2022年7月情報)
    1. 【1】響シリーズ|4種類の価格改定
    2. 【2】山崎シリーズ|4種類の価格改定
    3. 【3】白州シリーズ|4種類の価格改定
    4. 【4】知多|価格改定
  2. ニッカウヰスキー|2022年10月1日〜価格改定(※2022年7月情報)
    1. 【1】竹鶴ピュアモルト|価格改定
    2. 【2】シングルモルト余市|価格改定
    3. 【3】シングルモルト宮城峡|価格改定
    4. 【4】ザ・ニッカ|価格改定
    5. 【5】スーパーニッカ|価格改定
    6. 【6】フロム ザ バレル|価格改定
  3. 秩父蒸溜所|2022年4月〜価格改定(※2022年7月情報)
    1. 【1】イチローズモルトのリーフシリーズ|4種類の価格改定
フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
大人気の国産ウイスキー【サントリー響・山崎・白州・知多】【ニッカウヰスキー】【秩父蒸溜所のイチローズモルト大人気のリーフシリーズ】など、各メーカーが2022年価格改定を発表しています。 一挙に改定される価格と、ラインナップをご紹介しますので、ぜひご参考ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる