NEWS|2023年人気の輸入ウイスキーが価格改定!値上げ情報一覧(アサヒビールやサントリーetc)

【最新情報】アサヒビールやサントリーから、輸入ウイスキーを2023年に価格改定を発表しています。今回は一挙に、改定されるラインナップとその価格について詳しくご紹介しますので、ぜひ次回購入するウイスキーのご参考にしてください。
DEFU子

各メーカーから、来年2023年以降の輸入ウイスキーの価格改定が発表されはじめました。

マスター蔵本

2022年と同様に、今後の高品質な商品を安定供給するために価格改定の決断に至ったと多くのメーカーが発表していますね。

DEFU子

いちウイスキーファンとしては、変わらず応援し続けるしかありません!

とは言うものの、どのぐらい価格改定がされていくのか、今後の家飲みライフには欠かせない重要な情報なので、ぜひご参考ください。

目次

アサヒビール|2023年4月〜価格改定(※2022年12月情報)

アサヒビールは、2023年4月1日から4~46%の範囲で対象のウイスキーを価格改定すると発表されました。

【1】ジャックダニエルの価格改定(700mlを除く)

ジャックダニエル
マスター蔵本

ジャックダニエルは、雑味は一才感じず全体的にバランスが良く、まろやかな口当たりが楽しめます。
またバーボンらしいバニラ香やスパイシーさな風味もあり、バーボン初心者にオススメの1本です。

種類バーボン(テネシーウイスキー)
アメリカ
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・蒸溜所独自のチャコール・メローイング製法を使用

価格改定情報はこちら

ジャックダニエル ブラックOld No.7
(1,000ml / 1,750ml)


●1,000ml
【新】3,370円(値上がり:240円)
【旧】3,130円
●1,750ml
【新】5,720円(値上がり:430円)
【旧】5,290円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。

【2】ブッシュミルズの価格改定

マスター蔵本

ブッシュミルズは、なんといっても3回蒸溜による、スムースで軽やかな飲み心地が特長です。

種類スコッチウイスキー(ブレンデッド、シングルモルト)
アイルランド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・アイリッシュ伝統の3回蒸溜
・熟成樽はラインナップによって違います

価格改定情報はこちら

ブッシュミルズ(700ml)

【新】1,920円(値上がり:130円)
【旧】1,790円
ブッシュミルズ ブラックブッシュ
(700ml)


【新】2,480円(値上がり:180円)
【旧】2,300円
ブッシュミルズ シングルモルト10年
(700ml)


【新】3,950円(値上がり:450円)
【旧】3,500円
ブッシュミルズ シングルモルト12年
(700ml)


【新】5,150円(値上がり:650円)
【旧】4,500円
ブッシュミルズ シングルモルト16年
(700ml)


【新】12,300円(値上がり:2,500円)
【旧】9,800円
ブッシュミルズ シングルモルト21年
(700ml)


【新】27,000円(値上がり:7,200円)
【旧】19,800円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥1,819 (2021/12/25 16:22時点 | Amazon調べ)

【3】グレンドロナックの価格改定

マスター蔵本

シェリー樽のエキスパートとして知られるグレンドロナック蒸溜所が作るウイスキーは、全体的に芳醇なフルーティーさが特長的です。

種類スコッチ
スコットランド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・シェリー樽熟成のエキスパート(様々な種類のカスクを使用)

価格改定情報はこちら

グレンドロナック 15年(700ml)

【新】14,000円(値上がり:3,200円)
【旧】10,800円
グレンドロナック 18年(700ml)

【新】17,000円(値上がり:3,920円)
【旧】13,080円
グレンドロナック 21年(700ml)

【新】23,500円(値上がり:6,030円)
【旧】17,470円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。

【4】フォートウィリアムの価格改定

マスター蔵本

フォートウィリアムは、甘いバニラ香とフローラルなフレーバーに加え、リンゴや洋梨といったフルーティーさも感じる華やかな味わいでうs。

種類スコッチ
スコットランド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・日英合作で作られた、日本人の味覚に併せた1本

価格改定情報はこちら

グレンドロナック 15年(700ml)

【新】1,377円(値上がり:47円)
【旧】1,330円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥1,346 (2022/12/11 17:37時点 | Amazon調べ)

【5】ブナハーブンの価格改定

マスター蔵本

ブナハーブンは、アイラモルト特有のスモーキーな味わいが楽しめます。

種類スコッチ(12年はシングルモルト、25年はブレンデッド)
スコットランド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・スモーキー感

価格改定情報はこちら

ブナハーブン12年(700ml)

【新】6,980円(値上がり:610円)
【旧】6,370円
ブナハーブン25年(700ml)

【新】44,500円(値上がり:4,500円)
【旧】40,000円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥63,800 (2022/12/11 17:42時点 | Amazon調べ)

【6】ベンリアックの価格改定

マスター蔵本

ベンリアックスモーキーは、フルーティーな甘さと、力強いピート香のハーモニーが特長的なウイスキーです。

種類スコッチ(シングルモルト)
スコットランド スペイサイド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長※ラインナップにより熟成樽は変わります。

●ベンリアック スモーキー10年
・バーボン樽
・ラム酒樽
・バージンオーク…

●べンリアックスモーキー12年
・シェリー樽
・バーボン樽
・ポートワイン樽

価格改定情報はこちら

ベンリアック スモーキー10年(700ml)

【新】5,710円(値上がり:380円)
【旧】5,330円
ベンリアック スモーキー12年(700ml)

【新】6,940円(値上がり:340円)
【旧】6,600円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。

【7】グレンゴインの価格改定

マスター蔵本

ピートを全く炊かないグレンゴインは、麦芽のフレーバーに注目しクリーミーでリッチな味わいが特長です。

種類スコッチ(シングルモルト)
国/地域スコットランド / ハイランド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長※ラインナップにより熟成樽は変わります。

●グレンゴイン18年
・ファーストフィルのシェリー樽
・リフィルシェリー樽

価格改定情報はこちら

グレンゴイン 10年(700ml)

【新】4,450円(値上がり:650円)
【旧】3,800円
グレンゴイン 21年(700ml)

【新】18,700円(値上がり:2,900円)
【旧】15,800円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥4,860 (2022/12/11 20:25時点 | Amazon調べ)
¥49,800 (2022/12/11 20:25時点 | Amazon調べ)

【8】カナディアンミストの価格改定

マスター蔵本

カナディアンミストは、すっきりとしたスムーズな飲み心地で、初心者にも飲みやすいウイスキーです。

種類カナディアン ブレンデッド
国/地域カナダ / オンタリオ州
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・ホワイトアメリカンオーク樽で熟成
・3回蒸溜

価格改定情報はこちら

グレンゴイン 10年(700ml)

【新】1,604円(値上がり:234円)
【旧】1,370円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。

サントリー|2023年3月〜価格改定(※2022年12月情報)

値上げするウイスキーの商品名は一部しか公表されていませんが、2023年3月出荷分から輸入ウイスキーは、5%から28%に値上げすると発表されました。
分かっている範囲でご紹介します。

【1】ジムビームの価格改定(4Lは除く)

マスター蔵本

ジムビームは、コーン由来のオイリーでスパイシーな味わいと、オレンジピールのような爽やかでビターな香りが楽しめるバーボンウイスキーです。

種類バーボンウイスキー
アメリカ
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・バーボン作りに最適な水ライムストーンウォーターを使用
・良質のデントコーンを原料を使用
・代々受け継がれる秘伝の酵母『ジャンクイースト』と伝統の製法によって作られます

価格改定情報はこちら

ジムビーム(700ml)

【新】1,690円(改定率28%)
【旧】1,540円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。

【2】メーカーズマークの価格改定(46は除く)

マスター蔵本

メーカーズマークは、オレンジやハチミツなどの香りと、滑らかで繊細なバニラを想わせる甘く柔らかな飲み心地が楽しめるバーボンウイスキーです。

種類バーボンウイスキー
アメリカ
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・全体の70%はコーン、冬小麦の割合は16%で配合
・通常6〜7年熟成させた原酒を使用

価格改定情報はこちら

ジムビーム(700ml)

【新】—–円(改定率28%)
【旧】2,800円
※上記は全てメーカーから発表された希望小売価格の税別表記です。
¥2,455 (2022/04/23 17:44時点 | Amazon調べ)

【3】ラフロイグの価格改定

マスター蔵本

ラフロイグは、スモーキーなウイスキーで有名なアイラ島で作られたアイラモルトの王と呼ばれるシングルモルトです。
独特のヨード香や潮の香りと、バニラのような甘さが楽しめます。

種類シングルモルト
スコットランド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長・10年はバーボン樽
・セレクトの場合は、バーボン樽以外に以下の樽を使用
→ペドロヒメネス
→スパニッシュオーク樽
→ヨーロピアンオーク
→スパニッシュオーク樽
・フェノール値は40~45ppm。
(※フェノール値とはスモーキーの目安になる指標)

価格改定情報はこちら

※改定後の価格がまだ不明です

【4】バランタインの価格改定

マスター蔵本

バランタインは、様々なモルトを原酒と数種類のグレーンウイスキーをブレンドしているに関わらず、バランスの良さは群を抜いています。

種類スコッチ(ブレンデッド)
スコットランド
主な原酒(キーモルト)・その他の特長

価格改定情報はこちら

※改定後の価格がまだ不明です

ウイスキーの価格が高騰している多くの原因とは?

価格改定の原因
  • 国際情勢の混乱などで、原料や原油価格、物流費や包装資材の高騰
  • 日本のウイスキー需要が国内外で拡大で生産が追いつか無いため、安定供給を行うために生産設備の増強
マスター蔵本

上記でご紹介した通り各メーカーが共通するのが、今後の安定供給に向けた対策のためです。

DEFU子

メーカーにとっては、苦渋の決断ですよね。

今回価格改定されるウイスキーは、どれも大人気のボトルです。
そういったボトルは、価格改定以前に入手困難なため希少価値が高くなり、プレミア価格で発売されています。
今後は価格改定の影響も少なからず出てくるでしょう。

気になっている方は、ぜひご参考にしてください。

  1. アサヒビール|2023年4月〜価格改定(※2022年12月情報)
    1. 【1】ジャックダニエルの価格改定(700mlを除く)
    2. 【2】ブッシュミルズの価格改定
    3. 【3】グレンドロナックの価格改定
    4. 【4】フォートウィリアムの価格改定
    5. 【5】ブナハーブンの価格改定
    6. 【6】ベンリアックの価格改定
    7. 【7】グレンゴインの価格改定
    8. 【8】カナディアンミストの価格改定
  2. サントリー|2023年3月〜価格改定(※2022年12月情報)
    1. 【1】ジムビームの価格改定(4Lは除く)
    2. 【2】メーカーズマークの価格改定(46は除く)
    3. 【3】ラフロイグの価格改定
    4. 【4】バランタインの価格改定
  3. ウイスキーの価格が高騰している多くの原因とは?
フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
【最新情報】アサヒビールやサントリーから、輸入ウイスキーを2023年に価格改定を発表しています。今回は一挙に、改定されるラインナップとその価格について詳しくご紹介しますので、ぜひ次回購入するウイスキーのご参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる