定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

【オススメのスコッチ】リンドーズ シングルモルト MCDXCIV(1494) |スコッチウイスキー最古の記録をもつ始まりの場所で作られた1本!

スコッチ最古の記録で登場する、修道士ジョン・コーが所属していた修道院跡地の蒸溜所が販売する初のウイスキー【リンドーズ シングルモルト MCDXCIV(1494)】をご紹介!|日本国内の入荷数は、わずか3,000本!
DEFU子

今回はスコッチ始まりの地』リンドーズ アビー蒸溜所のシングルモルトをご紹介します。

マスター蔵本

リンドーズ アビー蒸溜所は、スコッチウイスキー最古の記録で登場する、修道士ジョン・コーが所属していた修道院跡地として有名ですね。

今回ご紹介する『リンドーズ シングルモルトMCDXCIV』は、2017年に創業して以来初めてリリースした記念すべき1本です。
日本国内で入荷する本数は、わずか3,000と多くはない数なので、ぜひご興味がある方はお早めに次回購入するリストに加えてください。

こんな人にオススメ
  • エレガントでフルーティーな味わのウイスキーが好きな方
  • ウイスキーコンペで受賞したスコッチを探している方
    (※ IWSC2022で98点獲得、SWSC2022でダブルゴールドを受賞)
  • 話題性あるスコットランドの蒸溜所が作るウイスキーを集めている
  • ノンチルフィルター
  • ローランドのウイスキーが好きな方

↓↓↓

価格: 7,900円前後

目次

【レビュー】『リンドーズ シングルモルト MCDXCIV(1494)』をご紹介

【ウイスキーレビュー】スコッチウイスキー始まりの地リンドーズアビー蒸溜所の初シングルモルトMCDXCIV(1494)をご紹介!

【特長】原酒の詳細

マスター蔵本

『リンドーズ シングルモルト MCDXCIV(1494)』には、3種類の原酒で構成されています。

  1. 1stフィル バーボン樽熟成原酒
  2. 1stフィル オロロソシェリー樽熟成原酒
  3. STR樽熟成原酒(ウイスキー業界の重鎮だった故 ジム・スワン博士が開発)

上記3種類の中で、今回注目すべきなのは3番目『STR樽』で熟成された原酒です。

ジム・スワン博士が開発した『STR樽』とは?

STRと呼ばれる熟成樽の処理は、カバラン蒸溜所の試験所で新しく生まれた、赤ワイン樽を再利用する際の手法です。
(※S=シェービング、T=トースティング、R=リチャーリングの略)

  1. 【S】=シェービング工程
    まずは樽の内側を削り取り、好ましくない風味などの原因を取り除きます。
    また、素のワイン樽要素が原酒に追加されます。
  2. 【T】=トースティング工程
    次に、表面を焼きます。
    焼くことで、バニリンと呼ばれる成分量が変化しバニラ香や、フルーティーな香りを引き出していきます。
  3. 【R】=リチャーリング工程
    強火で焦がします。
    そうすることで、カラメルやチョコレートといった、より複雑なフレーバーが表面化します。

【評価】味わい・香り

種類シングルモルト スコッチウイスキー
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数46%)
所有者(製造元)リンドーズ アビー蒸溜所
香り
・蜂蜜
・バニラ香
・洋梨
・オレンジピール(柑橘)
味わい
【含んだ瞬間】
蜂蜜やバニラの優しい香りが広がり、口当たりは非常にクリーミーで心地良く感じます。

【中盤】
徐々に洋梨のような爽やかさ、オレンジピールのような柑橘系のフルーティーな香りが追いかけてきます。

【飲んだ後】
余韻はスパイシーな印象で、微かに甘味や苦味が残ります。
何料理に合う?サッパリとした料理(ガッツリ系よりは)、お寿司、スウィーツ、ドライフルーツ
初心者向け
喉ごしが非常に滑らかで、アルコールの辛さなどは全くありません。
初心者の方でも比較的抵抗感はないでしょう。
総合評価

ぜひお試しください

【飲み方】『リンドーズ シングルモルト MCDXCIV(1494)』のtasting note

リンドーズ アビー蒸溜所についてご紹介
DEFU子

今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ハーフロック』『ハイボール』の3種類です。

ストレートの場合

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

蜂蜜やバニラの優しい香りが広がり、口当たりは非常にクリーミーで心地良く感じます。
フルーティーさが前面に出た後から、オレンジピールのような上品なほろ苦さがきます。

ストレートで感じやすいアルコールの辛味は、全くありません。

ロックの場合

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

口に含んだ瞬間、蜂蜜やフルーティーな甘い香りが目立ちました。

ストレートに比べ、ほろ苦いオレンジピール感を中盤に強く感じます。
余韻はサッパリとし、スッとなくなる印象でした。

ハイボールの場合

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

ハイボールにしても、甘みや香りは損なわれません。
しっかりと、個性を残しながらサッパリと楽しめる印象でした。

DEFU子

ぜひ、まずはストレート、そしてロックやハイボール……といった流れで順を追って個性を楽しんでもらいたいです。

【概要】『リンドーズアビー蒸留所』について

フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
スコッチ最古の記録で登場する、修道士ジョン・コーが所属していた修道院跡地の蒸溜所が販売する初のウイスキー【リンドーズ シングルモルト MCDXCIV(1494)】をご紹介!|日本国内の入荷数は、わずか3,000本!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる