ウイスキー

【おすすめの日本ウイスキー】シングルモルト余市(ノンエイジ)|日本のウイスキーの父『竹鶴政孝 氏』が創設したニッカウヰスキー余市蒸溜所!!

DEFU子
DEFU子
今回はニッカウヰスキーファンなら、飲むべきウイスキーの一つである、『シングルモルト余市(NV)』です。
マスター蔵本
マスター蔵本
余市は、宮城峡に比べ男性的なウイスキーと称される程、ヘビーリーピートでスモーキーな重厚感が特徴ですね。

日本のウイスキーの父でニッカウヰスキーの創業者『竹鶴政孝 氏』が創設した、余市蒸溜所が造る、『シングルモルト余市(ノンエイジ)』をご紹介します。

おつまみには、ふるさと納税で北海道の白糠町『いくら醤油漬』をお取り寄せしましたので、ぜひ最後まで読んでいただきご参考ください。

価格:5,000円前後

ニッカウヰスキー余市蒸溜所をご紹介

マスター蔵本
マスター蔵本
余市蒸溜所は、サントリーの前進である寿屋を退職した竹鶴政孝 氏が、1934年に大日本果汁株式会社を設立し余市蒸溜所を創設しました。

余市とは、北海道の寒冷な海がすぐ側にある余市町のことを指します。
この地に蒸溜所を建設した理由は、本場のスコットランドで修行した竹鶴政孝氏の信念である、『ウイスキーは北の大地で造るもの』によるところが大きいでしょう。

余市蒸溜所の環境とは?

1934年当時の北海道余市町には、竹鶴政孝氏が理想とするウイスキー造りに最適なスコットランドに似た環境と、道内でウイスキー造りに必要な材料を全て揃えることができたそうです。

  1. 豊かな自然と豊かな水源
  2. 海が側にあるため、年間を通して寒冷な潮風が吹く冷涼で湿潤な気候。
  3. 原料の大麦・ピート・石炭が周へんで全て揃う
  4. 樽の材料となるミズナラの木が自生している…など

竹鶴政孝氏は、本場スコットランドでウイスキー造りを学び、日本で『本物のウイスキー造り』を目指していたので、ウイスキー造りの環境には徹底的に拘っていたようです。

余市蒸溜所を創業した当初は、大日本果汁株式会社で林檎ジュースの製造販売を行い、ウイスキー造りのために資金繰りを賄っていたそうです。
今では、ニッカウヰスキーの蒸溜所は、この北海道余市町にある『余市蒸溜所』と、宮城と山形の県境辺りにある『宮城峡蒸溜所』があります。

余市蒸溜所の伝統的なウイスキー造りとは?

余市蒸溜所は、竹鶴政孝氏の最初に築いた蒸溜所ということもあり、現在もスコットランドの伝統的なウイスキー造りを引き継いでいます。
創設当時も、妥協を許さずに本場の造り方に拘ったそうです。

中でも余市蒸溜所の特徴とされるのは、今では世界で唯一となった、伝統的な石炭直下焚で蒸溜を行っていることです。
(※石炭直下焚きの火の調節は、熟練した技が必要なため、現在多くの蒸溜所は調節しやすいガスで行っています。)

この方式は、1919年4月にスペイサイド『ロングモーン蒸溜所』で竹鶴政孝氏が修行したからだと言われています。
1994年まではロングモーン蒸溜所では、初留が石炭直下焚きでした。

手間がかかる石炭直下焚きですが、これが余市蒸溜所で造られる力強いウイスキーの特徴に繋がっています。

↓↓↓

 

『シングルモルト余市(ノンエイジ)』をご紹介

シングルモルト余市(ノンエイジ)をご紹介
DEFU子
DEFU子
シングルモルト余市(NV)は、飲んだ瞬間に『スモーキーさ・重厚感・力強さ・複雑さ』を感じさせるウイスキーでした。
マスター蔵本
マスター蔵本
ええ。
同じニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所のウイスキーが女性的な印象だとすると、余市蒸溜所は非常に男性的な印象のウイスキーだと言えるでしょう。

その理由は、いくつかの要因が挙げられます。

  1. 石炭で焚きしめる際に、絶妙なタイミングで焦げをつくる
  2. 真っ直ぐなストレートヘッド型のポットスチルで、重厚かつ複雑なモルトが生まれる
  3. バーボン樽・シェリー樽・新樽で熟成されたモルト原酒が使用

まさに余市蒸溜所らしいウイスキーです。
そして、シングルモルト余市(ノンエイジ)は、様々な熟成年数のモルト原酒が使用されていますが、まったくノンエイジだからと言って物足りない印象はありません。

DEFU子
DEFU子
驚きのノンエイジです!
シッカリと余市の特徴を感じます。
シングルモルト余市(NV)の評価
種類シングルモルト(ジャパニーズ・ウイスキー)
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数45%)
所有者(製造元)ニッカウヰスキー(余市蒸溜所)
香り

  • 樽のウッド感、スモーキーな香り
  • スパイシー
  • 香ばしいリッチな風味
味わい

  • (含んだ瞬間)
    力強いスモーキーな感が広がります。
  • (中盤)
    ピートのコクがしたところを、スパイシーで複雑な風味が楽しめます。
    ほのかに、潮の香りも感じられます。
  • (飲んだ後)
    余韻はスッキリと静かに終わる印象。
何料理に合う?あん肝・魚卵(いくら/数のこ等)・お刺身・ステーキ・燻製など
初心者向け
ヘビーリーピートのスモーキーな風味が強いウイスキーなので、飲み慣れていない初心者の方は苦手な場合が多いでしょう。
総合評価

シングルモルト余市(ノンエイジ)は、ピート感がシッカリと感じられるスモーキーな力強い印象のウイスキーですが、荒々しいのではなく上品な印象でした。

\ニッカファン必見です/

※ノンエイジ(=塾数年数の表記無しのウイスキー)

価格:5,000円前後

↓↓↓

 

【飲み方】『シングルモルト余市(ノンエイジ)』のtasting note

DEFU子
DEFU子
今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ハーフ・ロック』『ハイボール』の3種類です。

【ストレート】

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

まろやかで濃厚な口あたりで、シングルモルト余市(ノンエイジ)の重厚な個性が楽しめます。
加水していないので、ヘビーリーピートのスモーキーな風味を濃く感じます。

↓↓↓

【ハーフ・ロック】

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

ヘビーリーピートのスモーキーな香りはもちろんのこと、スパイシーなコクと風味、そしてほのかに潮の香りがし、複雑さが楽しめます。
もちろん重厚さはありますが、加水することで華開く印象です。

↓↓↓

【ハイボール】

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

ヘビーな印象のシングルモルト余市(ノンエイジ)を、炭酸と併せるとこで軽快に楽しめます。
また、余韻が非常に爽やかになりますが、余市がもつ個性は失われません。

DEFU子
DEFU子
私の余市(NV)のおすすめは、複雑な香り・風味がより楽しめて、時間が経つごとの変化が感じられる『ハーフロック』です。

↓↓↓

 

【おつまみ】『シングルモルト余市(NV)』に合わせて北海道の白糠町『いくら醤油漬』をお取り寄せ!

『シングルモルト余市(NV)』に合わせて北海道の白糠町『いくら醤油漬』をお取り寄せ!
価格(大容量500g):15,000円前後
DEFU子
DEFU子
今回は、ふるさと納税で注文した北海道の白糠町『いくら醤油漬(鮭卵)』で、豪華ちらし寿司を作りました。

北海道の白糠町『いくら醤油漬(鮭卵)』は、楽天ふるさと納税「すべてのお礼の品 総合ランキング(リアルタイムランキング)」で1位に94回なるほどの人気商品です。
(2020年11月10日)

このイクラは、ロシア産の鮭卵で大粒でシッカリとした卵で、窒素による急速冷凍をすることで「鮮度・品質」保持を追求した製法がされています。
また、1パックが250gの小分けになっているので、非常に使い勝手が良くありがたいポイントです。

解凍には、数時間かかりますので、我が家では晩御飯に食べる際は午前中に冷凍庫から冷蔵エリアに出しておきます。

↓↓↓

余市と北海道の白糠町『いくら醤油漬(鮭卵)』の相性は?

『シングルモルト余市(NV)』に合わせて北海道の白糠町『いくら醤油漬』をお取り寄せ!

さすが急速冷凍によって鮮度・品質が保持された『いくら醤油漬(鮭卵)』です。
いくら本来がもつ濃厚な旨味と、上品な醤油の風味がし、全く臭みを感じません。

DEFU子
DEFU子
ヘビーリーピートのスモーキーな余市と、いくらの組み合わせは最高です。

少し噛めば、いくらはプチット弾け、その旨味が一気に広がります。
そこに、シングルモルト余市(ノンエイジ)を飲むと、スモーキーな香りといくらの旨味がマリアージュし、その美味さにどんどん食べれてしまいます。

\ふるさと納税でお得にGET/

価格(大容量500g):15,000円前後

\ニッカファン必見です/

※ノンエイジ(=塾数年数の表記無しのウイスキー)

価格:5,000円前後

\限定品はこちら/

※ノンエイジ(=塾数年数の表記無しのウイスキー)

価格:5,000円前後

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)