ジョニーウォーカー特集

NEWS|創業200周年記念ジョニーウォーカーから【ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド】が限定で新発売!| オールド・ハイランドからインスピレーション!!

マスター蔵本
マスター蔵本
2021年5月18日に発売されるジョニウォーカーの新たなウイスキーです。
DEFU子
DEFU子
昨年から200周年を祝して、限定デザインボトルや新ブレンドが登場していますね。

今回ご紹介する『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』は、1860年代に発売していた『オールド・ハイランド・ウイスキー』に敬意を評したブレンデッドウイスキーです。

ジョニー・ウォーカーとは?

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』

1820年に小さな食料品店として創業したのが歴史の始まりです。
当時、販売されていた商品は「ウイスキー」「中国のお茶」「ドライフルーツ」「スパイス」など多岐にわたっていました。

ちょうどその頃、連続式蒸留機が発明されたことで、1850年代以降はブレンデッドウイスキーが出回る時代へと変化していきました。

1860年代に入り、息子アレクサンダー氏が今回限定発売されるウイスキーのインスピレーションの素となった『オールド・ハイランド・ウイスキー』を世界中へ輸出させ、ジョニウォーカーブランドは拡大していったそうです。

\購入はこちら/

価格:5,900円前後

 

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』について

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』
マスター蔵本
マスター蔵本
当時のエッセンスを、随所に組み込み作られました。
DEFU子
DEFU子
約200年前の味や雰囲気が楽しめる1本ですね。

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』に使用した原酒

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』で使われている原酒は、1860年代から稼働している蒸溜所のものです。
もちろん当時、ジョニーウォーカーが使用できた原酒に限ります。

また、当時のウイスキーをイメージして、アルコール度数は51%です。
(1860〜1890年の度数を反映しているそうです)
現在販売されている多くのウイスキーと比べると、かなり高目だったことが分かります。

 

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』のデザイン

ボックスのデザインは、表側は白を基調にしたシンプなデザインですが、開けてみるとボトルの左右に街並みが描かれています。

当時のお店のウイスキーをコンセプトにした、特別なボックスに仕上がっています。

 

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』の味と風味

リンゴやレーズンなどのドライフルーツを思わせる芳醇で上品な甘みと、シナモンや胡椒といったスパイシーな印象をもつブレンデッドウイスキーです。

余韻はドライでスモーキー感が残り、全体を通して複雑な味わいと風味が楽しめるそうです。

\購入はこちら/

価格:5,900円前後

 

\発売前にスタンダートの購入はこちら/

価格:2,000円前後

レビューはこちら

価格:2,100円前後

レビューはこちら

価格:2,400円前後

レビューはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)