定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

【みんな知ってる?5】アイルランド『アイリッシュウイスキー』とは?|世界5大ウイスキーの中で一番古いと言われている国!基礎知識から特徴に蒸溜所の情報までご紹介

アイリッシュウイスキーはウイスキーの歴史が最も古い国と言われています。
DEFU子
歴史的に、ウイスキーはスコットランドよりも、アイルランドの方が古いのが通説なんですよね!
マスター蔵本
そうですね。
1172年に地元の民衆がウスケボーという、大麦蒸留酒のお酒を飲んでいたと、従軍兵からイングランド2世に連絡があったと言われています。

今回は、現在のアイルランドにあるウイスキーの蒸溜所や、アイルランド特有のウイスキーなどをご紹介していきます。

目次

アイルランド【アイリッシュウイスキー】

アイルランドはウイスキーを語るのに重要な国

アイルランドの守護聖人は『聖パトリック』です。
マスター蔵本
アイルランドの共和国の首都ダブリンは、かつてウイスキーの蒸溜所がたくさんあり、『ビック4』と呼ばれていました。
DEFU子
なんだか、カッコいいですね。

またアイルランドの第二の首都は、ミドルトン蒸溜所があるコークです。

アイリッシュウイスキーのルールとは?

  • 穀物類(モルト・大麦・オート麦・トウモロコシ・小麦など)を原料にする。
  • 麦芽に含まれいるジアスターゼ(酵素)で糖化をさせる。
  • 酵母の働きで発酵をさせる。
  • 蒸留は、アルコール度数94.8%で行う。
  • 木製の樽に詰めて熟成をさせる。
  • アイルランド共和国・北アイルランドの倉庫で3年以上熟成をさせる必要がある。
    また、移動する場合は両方の土地で累計3年以上熟成。

アイリッシュ伝統の【ポットスチルウイスキー】とは?

レッドブレスト 21年 46度 700mlアイリッシュ ウイスキー

レッドブレスト 21年 46度 700mlアイリッシュ ウイスキー

マスター蔵本
ザックリご説明すると、大麦麦芽と大麦(未発芽
)を原材料に、単式蒸留器で3回蒸留
させたウイスキーです。
DEFU子
以前は、ポットスチルウイスキーでなく、ピュアポットスチルウイスキーと呼ばれていたんですよね!
レッドブレスト 21年 46度 700mlアイリッシュ ウイスキー
by カエレバ

 

 

アイリッシュウイスキーの蒸溜所

アイリッシュウイスキーの蒸留所をご紹介

DEFU子
スコットランドよりは、蒸溜所の数が少ないんですね。
マスター蔵本
昔は生産量が世界1位でしたが、現在は蒸溜所の数はかなり少なくなりました。

しかし、近年アイリッシュ特有のポットスチルウイスキーが再注目され、復活し始めています。

ブッシュミルズ 所有:ホセクエルボ社

  • 世界最古(1608年)創業と言われている蒸溜所。
  • 3回蒸留
クーリー 所有:ビームサントリー社

  • ワット蒸溜所の代表ブランド『ターコネル』を復活させた。
グレートノーザン 所有:ジ・アイリッシュウイスキー社
キルベガン 所有:ビームサントリー社
スレーン 所有:ブラウンフォーマン社
タラモア 所有:ウィリアム・グラント&サンズ社
ティーリングウイスキー 所有:ティーリングウイスキー社
ウォルシュウイスキー 所有:イルヴァ・サローノ社(イタリア)
ウォーターフォード 所有:ウォータフォード・ディスティラリー社
ミドルトン
(新ミドルトン)
所有:ペルノリカール社

  • アイルランド第2の都市『コーク』に位置する。
  • 3回蒸留
ウエストコーク 所有:ウエストコーク・ディスティラーズ社
フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
アイリッシュウイスキーはウイスキーの歴史が最も古い国と言われています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる