蒸留酒マイスターの道

ウイスキー好きにおすすめな【ウイスキー検定とはどんな資格?】検定内容・難易度など詳しくご紹介!|実際に勉強した方法もお届けします

DEFU子
DEFU子
ウイスキー好きにオススメの検定である、『ウイスキー検定』の2級と3級を受験した経験をもとに、これから受験しようか迷っている方へ詳しく内容をご紹介していきます。

後半ではウイスキー検定の勉強で使用したテキストや、当ブログで各国のウイスキーについてまとめた勉強に活用できる記事など、合わせてご紹介します。
ぜひ最後まで読んでいただき、受験するかのご参考にしてください。

まず始めにウイスキー検定とは?

ウイスキー検定とは?詳細・難易度・勉強法
マスター蔵本
マスター蔵本
まずは、ウイスキー検定が何なのかをご紹介していきましょう!
DEFU子
DEFU子
そうですね!
ウイスキー検定とは、ウイスキー文化研究所のウイスキー検定実行委員会が実施している、『ウイスキー』関連の知識を測る民間の検定です。

 

運営団体 ウイスキー文化研究所とは?

世界のウイスキーライター5人に選ばれている土屋守 氏が代表を務める、会員制の団体がウイスキー文化研究所(旧スコッチ文化研究所)です。

活動内容は、ウイスキー検定の運営をはじめ、ウイスキーの普及活動やイベントの開催、など多岐にわたります。
代表の土屋守 氏は、東京ウイスキー&スピリッツコンペティションの実行委員長も務める、現代の日本ウイスキー文化に欠かせない重鎮です。

 

ウイスキー検定の概要

ウイスキー検定の内容は、世界的にあるウイスキーの歴史・文化・蒸留所から、現在最新のウイスキー情報まで、幅広い知識を問われます。
またウイスキー検定の歴史は浅く、2014年からスタートした検定です。

DEFU子
DEFU子
年に2回(2月と9月)実施されています。

基本的に、1級・2級・3級のレベルに別れ、不定期に各種ウイスキーの専門的な検定が用意されているのが特徴です。

ウイスキーコニサーとウイスキー検定は何が違う?それは難易度!

マスター蔵本
マスター蔵本
簡単に言うと、『ウイスキーコニサー』はプロ向けで、『ウイスキー検定』は一般向けです。

『ウイスキーコニサー』の難易度は高く、かなり専門的な深い知識が必要になります。
資格は3段階に分かれ、『1st:ウイスキーエキスパート』『2nd:ウイスキープロフェッショナル』『3rd:マスター・オブ・ウイスキー』と、段階に沿って受験を進めていきます。

2段階目の『ウイスキープロフェッショナル』は以降は、筆記試験と合わせてテイスティング試験も実施され、相応の学習時間と経験が必要になるでしょう。
また、このプロフェッショナルの資格があり、ウイスキーセミナー講師認定講座を修了した方は、ウイスキーレクチャーとして様々な所で講師として活躍できます。

DEFU子
DEFU子
ウイスキー検定も、もちろん難易度が高い試験ですが、ウイスキーコニサーと比較すると難易度は下がり受験しやすいです。

手始めにと考えている方は、まずは『ウイスキー検定』を受験するのがオススメでしょう。
特にウイスキー検定の中でも、3級に関しては合格率が80%以上と、難易度が低いのでまずはここからスタートするのがオススメです。

 

ウイスキー検定の級ごとの詳細

ウイスキー検定の過去問題集と公式テキストウイスキー検定の過去問題集と公式テキスト
DEFU子
DEFU子
ウイスキー検定は7種類あり、難易度が異なります。
そのうち、初級とされるのが3級、中級が2級で1級が上級です。

初球の3級は、難易度が低い基礎的なウイスキーの知識が全般の内容で、級が上がるごとに専門性が高まります。

またウイスキー検定には、1/2/3級以外にも特別級として各ウイスキーの種類に分けた専門的な試験があります。
例えば、シングルモルトに特化したSM級や、アイリッシュウイスキーに特化したIW級など4種類の検定が用意されています。

受験資格は基本的に20歳以上の方なら誰でも受験することができますが、1級のみ2級合格が必須なのでご注意ください。

ウイスキー検定の7つの種類を、出題形式など詳しくご紹介

ウイスキー検定の2級と3級に関しては、併願受験を行うと受験料が10%OFFになります。
団体受験も可能で、公式テキスト他10%割引に合わせてウイスキーフルボトルプレゼントされのが特徴です。

また、受験特典としてクリアファイルなどのオリジナルグッズが、ウイスキー検定の受験者全員にプレゼントが用意されています。

1級内容:ウイスキー検定の公式テキスト全章。

  • 5択問題が80問。記述式が20問。
  • 合格点80点以上。(制限時間60分)
  • 【受験資格】2級合格者を対象
2級内容:ウイスキー検定の公式テキスト第1章〜6章+8章

  • 全100門の4択問題。
  • 合格点70点以上。(制限時間60分)
  • 【開催】年2回(2月・9月)
  • 【受験方式】在宅試験
  • 【料金】5,500円(税込)
    ※2級と3級は併願受験で、受験料10%OFF
3級内容:ウイスキー検定の公式テキスト第1章〜2章

  • 全100問の4択問題。
  • 合格点60点以上。(制限時間60分)
  • 【開催】年2回(2月・9月)
  • 【受験方式】在宅試験
  • 【料金】4,400円(税込)
    ※2級と3級は併願受験で、受験料10%OFF
SM級
(シングルモルト)
内容:シングルモルトに特化した問題で、歴史・文化・製法など幅広い知識が必要
(出題は公式テキストや参考書など)

  • 全100問のマーク式
  • 合格点65点以上(制限時間60分)
  • 合格者には得点により、4段階の段位認定があります
    (初級)65〜74点
    (二段)75〜84点
    (三段)85〜94点
    (師範)95点以上
BW級
(バーボン)
内容:バーボンウイスキーに特化した問題。歴史・文化など幅広い知識が必要

  • 全50問の5択のマーク式
  • 合格点35点以上(制限時間45分)
IW級
(アイリッシュ)
内容:アイリッシュウイスキーに特化した問題。歴史・文化・製法など幅広い知識が必要

  • 全50問の5択問題
  • 合格点35点以上(制限時間45分)
JW級
(ジャパニーズ)
内容:ジャパニーズウイスキーに特化した問題。

  • 全100問の5択問題
  • 合格点65点以上(制限時間60分)
  • 合格者には得点により、4段階の段位認定があります
    (初級)65〜74点
    (二段)75〜84点
    (三段)85〜94点
    (師範)95点以上

 

7種類のウイスキー検定の合格率

初級とされるウイスキー検定3級の場合、合格率は81%と非常に高いです。
ですが、難易度が上がるほど非常に50%を切る級も出てくるため、しっかりと事前の学習が必要になってきます。

1級29%(申込者数1013人中、合格259名)
2級49%(申込者数6613人中、合格2713名)
3級81%(申込者数5367人中、合格3828名)
SM級(シングルモルト)32%(申込者数270人中、合格76名)
BW級(バーボン)51%(申込者数320人中、合格141名)
IW級(アイリッシュ)25%(申込者数178人中、合格36名)
JW級(ジャパニーズ)67%(申込者数473人中、合格268名)

 

ウイスキー検定はどんな人にオススメ?

  1. ウイスキーが好きな方
  2. ウイスキーに興味のある方
  3. お酒に関連する仕事をしている方や、就職・転職を考えている方
DEFU子
DEFU子
まず最初にウイスキー検定は、ウイスキーが好きな方や、ウイスキーに興味のある方にオススメです。

ウイスキー検定は、どの級に関してもウイスキーに関わる歴史・文化・製法など、ウイスキーの深い知識を問われます。
そのため、ウイスキーの知識が深まり、よりウイスキーを愉しめる検定です。
ウイスキーが好きな方や興味がある方にとっては、非常に魅力ある検定だと言えます。

マスター蔵本
マスター蔵本
それ以外には、お酒に関連する仕事をしている方や、就職・転職を考えている方にもオススメでしょう。

就職や転職するにあたり、ウイスキー検定はもちろん必須ではありません。
しかし、自分が扱うもしくは今後扱うであろうウイスキーに関して、知識を深めて証明することができるのはメリットです。

ウイスキー検定公式テキストはこちら!
価格: 2,400円前後

 

【勉強方法】ウイスキー検定の使用したテキストとは?

ウイスキー検定テキストのご紹介ウイスキー検定に使用したテキスト一覧
DEFU子
DEFU子
実際に2019年にウイスキー検定の3級と2級を、独学で受験しました。

ウイスキー検定の公式テキストと、過去問を中心に勉強していましたが、それ以外にも使用して便利だったテキストがあるのでご紹介します。

上記の4冊を元に、ウイスキー検定の学習を進めていきました。
ウイスキーに興味が出始めた方でも、ある程度ウイスキー関連の本や公式テキストなどを活用すれば、2級・3級の受験は大丈夫でしょう。
ウイスキー検定の勉強に所要したのは、約1ヶ月の空いた時間です。

 

【勉強の流れ1】まずはウイスキーの歴史や現在の情報を『FOOD DICTIONARYウイスキー』で掴もう!

DEFU子
DEFU子
ウイスキー検定を受けることを決心した当初、お酒が好きだからと言っても、ウイスキーの歴史や情報を全く知りません。
そんな状態難しい内容は入らないと思い、まずは流れを掴むこに専念しました!
マスター蔵本
マスター蔵本
最初から、ガチガチの情報では頭に入りにくいこともあり、テキストと言うよりは、ざっくりとウイスキーの概要が分かる本を選ぶことにしたんですね。

そこそこ内容がシッカリしていて、有名なウイスキーもいくつか掲載されているので、流れを掴むには自信を持ってオススメします。

私のオススメする本選びは?
  1. 写真付きで、カラー印刷の本。
  2. イラストで詳しい解説付き
  3. 1日で読み切れる本の厚み。
  4. ざっくりと概要が分かる内容。

上記の3つのポイントを元に選んだのが、『FOOD DICTIONARYウイスキー』です。

(電子書籍)価格: 1,500円前後
( 紙面 )価格: 1,600円前後

 

【勉強の流れ2】ザックリ掴んだ後は『ウイスキー完全バイブル』でもう少し詳細に!

マスター蔵本
マスター蔵本
この本は、世界5大ウイスキーを中心に歴史・文化・特徴や製法まで解説されています。
そして、205本もの銘柄が掲載されているので、検定の勉強に役立ちます。
DEFU子
DEFU子
それに全面カラー印刷で、各ウイスキーごとの特徴なども分かりやすく整理されているので、次に買うウイスキーを選ぶのにも活用できます。

また、ウイスキー文化研究所の代表である土屋守 氏が執筆と監修を行っています。

  • ウイスキーの特徴が分かりやすい!
  • 掲載されている銘柄はたっぷり205本!(検定勉強に役立つラインナップ)
  • ウイスキーの歴史や魅力がたっぷり掲載されている。
  • ウイスキーの製造方法も掲載されている。

検定の勉強を本格的に始める際に、問題の中でウイスキーの銘柄を調べることはしばしばあります。
その際、この『ウイスキー完全バイブル』は205本も掲載されているので、早見表としても役立ち本当にオススメです。

価格: 1,600円前後

 

【勉強の流れ3】概要を掴んだ後は『ウイスキー検定公式テキスト』と過去問で勉強!

DEFU子
DEFU子
ガッツリ勉強をし始めると欠かせないのが、この『ウイスキー検定公式テキスト』です。

こちらの本は、ウイスキー検定を受験するにあたり必須です。
3級・2級のどちらも、基本的にこちらのテキストを中心に出題され、合わせて最新の情報といった形のため、公式テキストをしっかり読む必要があります。

価格: 2,400円前後

ただ実際に過去問を解き始めると、公式テキストを読むだけでは、なかなか答えに結びつきにくいと感じました。
問題の傾向を知るためには、最新の過去問で知識を広げるべきだと言えます。

↓↓↓

テキストだけでなく『ウイスキー検定過去問題集』も必要です!

  1. 『ウイスキー検定過去問題集(右側の黄色)
    3・2・1級に合わせSM級やJW級の問題が収録されています。
  2. 『ウイスキー検定公式問題集(左側の赤色)
    受験する級の問題だけ過去5回分の問題が掲載されています。
DEFU子
DEFU子
『ウイスキー検定公式問題集(左側の赤色)』は、より力を入れる級がある場合活用してください。

もちろん、各7種類全て1冊ごとに販売されています。
詳細はこちら

また公式テキストや過去問題集以外にも、公式テキストに記載されている参考文献や、ウイスキー専門誌『ウイスキーガロウ』などもご参考ください。

価格: 2,700円前後

 

【挑戦!】実際にウイスキー検定を受験して感じたメリットとは?

ウイスキー検定の受験票ウイスキー検定の受験票
DEFU子
DEFU子
正直なことをお伝えすると、大学生の時以来の勉強だったので、なかなか焦りと不安でいっぱいいっぱいでした。
マスター蔵本
マスター蔵本
合格は別にして、実際に勉強してみて、どうでしたか?
DEFU子
DEFU子
ウイスキーは飲むだけでも楽しめますが、知識を深めることで次に飲むウイスキーについてを選ぶ基準になり楽しみが広がります。 

私のように、趣味としてのウイスキーを楽しんでいる方には、ぜひウイスキー検定を受験することをオススメします。
よりウイスキー・ライフが愉しめること間違いなしです。

 

【受験する皆さんへ】勉強ができるよう製法から特徴までまとめたので活用ください!

DEFU子
DEFU子
少しだけご紹介します。私自身も勉強中に暗記・早見表として活用するためにまとめた記事です。

ウイスキーの概要から、製造方法・各国の歴史や蒸溜所の特徴などの情報が詰まった記事になります。
ぜひ早見表として活用してください。

\ウイスキー検定の勉強1番目/

【みんな知ってる?1】香りとコクが魅力的なウイスキー|基礎編:こだわり抜かれた製法で作られる琥珀色のお酒の正体とは?ウイスキーと聞くと、「クセが強そう」「飲みにくそう」など、ハードルが高いと思ったことはありませんか? そんなウイス...

\ウイスキー検定の勉強2番目/

奥が深い!ウイスキーの作り方
【みんな知ってる?2】奥が深い!こだわり抜かれたウイスキーの作り方をご紹介 ウイスキーってどうやって作られるの? 今回は、モルトウイスキーから、基本の作り方をお伝えします。 ...

\ウイスキー検定の勉強3番目/

【みんな知ってる?3】世界で有名な『5つのウイスキー生産国』とは?|それぞれの魅力と特徴をご紹介 世界の代表的な5つのウイスキー生産国 ウイスキーの語源は、ゲール語で『ウシュクベーハ』『ウスカバッハ』、ラテン語の...

\ウイスキー検定の勉強4番目/

スコットランドは、5つのウイスキー生産国の中でウイスキー消費量の約6割りを占めるウイスキー大国!
【みんな知ってる?4】ウイスキー検定受験者必見『スコッチウイスキー』とは?|5大ウイスキー生産国の中で消費量の約6割りを占めるウイスキー大国!今さら聞けない!ウイスキーの本場スコットランドで造られる『スコッチウイスキー』とは? 世界5大ウイスキー生産国の中で、ウイスキー消費量の約6割りを占めるウイスキー大国! スコッチの定義から各地にある蒸溜所の特徴まで徹底解説。ウイスキー検定を受験する人は必見の情報です。...

\ウイスキー検定の勉強5番目/

アイリッシュウイスキーはウイスキーの歴史が最も古い国と言われています。
【みんな知ってる?5】アイルランド『アイリッシュウイスキー』とは?|世界5大ウイスキーの中で一番古いと言われている国!基礎知識から特徴に蒸溜所の情報までご紹介今さら聞けない!アイルランド『アイリッシュウイスキー』とは? 世界5大ウイスキーの中で一番古いと言われているアイリッシュウイスキー。 アイリッシュウイスキーの定義から、各地にある蒸溜所の特徴まで徹底解説。ウイスキー検定を受験する人は必見の情報です。...

\ウイスキー検定の勉強6番目/

ジャパニーズウイスキーの文化から最新情報までご紹介
【みんな知ってる?6】日本の『ジャパニーズウイスキー』とは?|世界5大ウイスキーの一つである日本のウイスキー文化から、2021年2月に日本洋酒酒造組合から定められた定義まで!今更聞けない!日本の『ジャパニーズウイスキー』とは? 日本のウイスキー文化とその歴史解説から、日本洋酒酒造組合が2021年2月に発表した【ジャパニーズウイスキーの定義】の最新情報までご紹介します。 ウイスキー検定を受験する方も必見です。...

\ウイスキー検定の勉強7番目/

みんな知ってる?(7) アメリカンウイスキー バーボンはアメリカ発祥 バーボンの基礎知識から アメリカの蒸溜所までご紹介!
【みんな知ってる?7】アメリカ『アメリカンウイスキー』とは?|世界5大ウイスキーのバーボンはアメリカ発祥のウイスキー!今さら聞けない!世界5大ウイスキーの一つ『アメリカンウイスキー』とは? 世界5大ウイスキーのバーボンはアメリカ発祥のウイスキー! アメリカンウイスキーの定義・種類から、各地にある蒸溜所の特徴まで徹底解説。ウイスキー検定を受験する人は必見の情報です。...

 

今回ご紹介したウイスキー検定の書籍一覧

(電子書籍)価格: 1,500円前後
( 紙面 )価格: 1,600円前後
価格: 1,600円前後
価格: 2,400円前後
価格: 2,700円前後
価格: 3,500円前後

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)