定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

【オススメのスコッチ】アードベッグ TNE(10年)|薬草のようなヨード臭とピート感が癖になるアイラモルト!ぜひスモーキーなウイスキーが好きな方に飲んで欲しいです

オススメのウイスキー! アードベッグのご紹介。薬草感がクセになる! アードベッグはアイラ島の中でも、 強いスモーキーさヨード臭のウイスキー。
DEFU子

今回は、ピート香が強い代名詞のようなウイスキー『アードベッグ TNE(10年)』です。

マスター蔵本

アードベッグは、ウイスキー愛好家から根強い人気がありますね。
アイラ島の中でも、スモーキーさやヨード臭が特出している蒸溜所と言われています。

日本ではスーパーなどで一般的に置かれてはいない『アードベッグ TNE(10年)』の魅力をご紹介します。
ぜひ最後まで読んでいただき、次回購入するウイスキーリストに加えてください。

価格:4,800円前後

目次

【概要】アードベッグ蒸溜所とは?

スコットランドのアイラ島にある主な蒸溜所

アードベッグ蒸溜所は、スコットランドのアイラ島に位置します。
仕込み水で使用されるのは、ピート色が強いエスプレッソのような濃い色味のウーガダール湖とアリナムビースト湖の水を使用しています。

マスター蔵本

また、アードベッグの独特な風味の豊かさは、蒸溜所で使用されているポットスチルや職人の方々の技術によります。

DEFU子

えッ気になります。

アードベッグ蒸溜所で使用している、ポットスチルは初留釜・再留釜のどちらもランタンヘッド型が使用されています。
風味が豊かになるのは、再留釜のポットスチルに、精留器(ピューリファイア)が設置されていることで、質の良く純度が高いニューポットを抽出できるからです。

そして、アードベッグの強烈なピートフレーバーは、職人の方の絶妙な炊き込み加減と、ピートの質が合わさり、結果素晴らしい香りになっています。

【評価】『アードベッグ TNE(10年)』の味わい・香り

マスター蔵本

決して初心者向けとは言えませんが、ウイスキーのスモーキーなフレーバーに慣れている方には、ぜひ一度試してもらいたいのが『アードベッグTEN(10年)』です。

DEFU子

初めの一口目を口に含んだ瞬間、薬品や薬草などのヨード臭に加えて、ピリッとしていてインパクトが凄かったです。
まるで、風味の爆発のようでした。

最後の風味は、重厚感のある深い燻製香や炭のようなスモーキーさを感じ、後味は意外とスッキリなんです。

概要詳細
種類スコッチウイスキー(シングルモルト)
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数46%)
所有者(製造元)グレンモーレンジ社
香り
・薬草や薬品のようなヨード臭
・アルコール臭
・キリッとしたスモーキーで力強いピート香
・甘い香り
味わい
【飲んだ瞬間
口に含んだ瞬間は風味の爆発と、ピリッと感がある。

【中盤
コクのあるまろやかさを舌の上で感じる。
ほんのりと甘さも感じる

【飲み終わり】
最後はスッキリと風味が静かに消えていく。
何料理に合う?・肉料理など、ガッツリ系に合わせたい。
・風味が豊かで濃いいので、味の濃いメニューにも勝つ。
・初心者向け
初心者向け
ウイスキーのスモーキーさに慣れていないと、アードベッグの風味は初心者向けとは言えません。
スモーキーフレーバーが好きな方にはオススメ!
総合評価

クセになる味わいでおすすめ

【飲み方】『アードベッグ TNE(10年)』のtasting note

DEFU子

今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

ストレートの場合

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

アードベッグらしい燻製のようなスモーキーさとまろやかな甘さを感じた後、アクセントにスパイシーさを若干感じます。

余韻はずっしりとしたスモーキーなフレーバーが残ります。

ハーフロックの場合

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

アードベッグ本来の深みのある、ヨード臭やピート感を楽しむのに、ロックはオススメな飲み方です。

ハイボールとは違い、単純に薄まりにくいので、ストレートに近い楽しみ方になります。

ハイボールの場合

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

炭酸水の気泡ひとつぶ一粒に、アードベッグのヨード臭やピーティーな香りがあり、飲んだ瞬間弾けます。

ハイボールにすると『アードベッグ10年(TEN)』は、スッキリとした味わいになりよりライトに楽しめます。

また元々もっていた甘みはハイボールになっても残っています。

DEFU子

アードベッグ本来の深みのある、ヨード臭やピート感を楽しむのに、ロックはオススメな飲み方です。
ハイボールとは違い、単純に薄まりにくいので、ストレートに近い楽しみ方になります。

【おつまみ】アードベッグに合わせたメニューとは?

アードベッグに合うのはスパイシーなスペアリブ
DEFU子

今回は家飲みでなく、滋賀県のハイボールバーで、アードベッグのロックと、スパイシーなスペアリブで楽しみました。

マスター蔵本

写真からも、香ばしい肉の香りがしてきそうです。

DEFU子

肉料理と合いそうだと思っていましたが、予想を超えて合いました。

この組み合わせで意外だったのが、肉のスパイシーさが、アードベッグの薬草感とピート感で、爽やかになるところです。
アードベッグの静かに重厚な味わいで、肉の美味さを損なうことがなくスッキリとしていた印象があります。


クセになる味わいでおすすめ

フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
オススメのウイスキー! アードベッグのご紹介。薬草感がクセになる! アードベッグはアイラ島の中でも、 強いスモーキーさヨード臭のウイスキー。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる