MENU
定期便 "らでぃっしゅぼーや" で快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

【オススメのスコッチ】ティーチャーズ・ハイランドクリーム|おつまみはディズニー公式レシピで話題の『シナモンチュロス』

マスター蔵本

ティーチャーズは最近では、スーパーなどで取扱が増えた、手ごろな価格の割りに飲みごたえがしっかりとした、コスパの高いウイスキーとして注目されていますね。

DEFU子

そうなんです。
私が大好きな俳優の大泉洋さんが、キャンペーンモデルを勤めていることもあり、気になって購入してみました。

今回は、わずか900円前後の価格なのに、しっかりとしたピート感が味わえる『ティーチャーズ・ハイランドクリーム』をご紹介します。

価格:900円前後

目次

『ティーチャーズ・ハイランドクリーム』の歴史をご紹介

ティーチャーズ・ハイランドクリームの歴史をご紹介
DEFU子

ティーチャーズの歴史は、創業者ウィリアム・ティーチャーが、1830年にスコットランドのグラスゴーの食料品店で雇われたことから始まるんですよね!

マスター蔵本

そうです!
では、この時スコッチウイスキーの歴史に、何が起きていたのか簡単に解説しておきましょう。

↓↓↓

少しだけウイスキーの歴史をご紹介

●Part1
スコットランドでのウイスキー造りは、19世紀初頭あたりから1820年代まで、厳しい課税によって密造酒時代が引き起こされます。

●Part2
しかしこの苦難の時代に、ピートを使用した麦芽の乾燥する方法など、今のウイスキーの製造方法へと近づくことができました。

●Part3
その後、遂に1823年に酒税法が改訂され、ウイスキーの税率が下がります。

●Part4
翌年1824年に、グレンリベット蒸溜所が政府公認第1号となったのを皮切りに、多くの蒸溜所が政府公認となり、更にウイスキー製造技術は発展していきます。

DEFU子

なるほど!
では1830年は、歴史の転換期真っ只中だったんですね。

マスター蔵本

ええ。
ちょうどこの頃は、ブレンデッドウイスキーも発展し始め、よりウイスキーに多彩さが育ち始めていたようです。

創業者ウィリアム・ティーチャーは、このウイスキーの歴史的変化を見逃しませんでした。

↓↓↓

ティーチャーズのブランドが本格的に開始

ウィリアム・ティーチャーは、店を繁盛させながら当時まだ新しいブレンデッドウイスキーを開発し、更に『ドラムショップ』を開店しました。

ドラムショップとは、今では当たり前のショットバーのような、気軽に店頭で飲める場所です。
当時は画期的で、評判を呼びました。

↓↓↓

\ここでまたウイスキーの歴史の流れ/

●Part5
1830年以降、新たな蒸留機が開発されたり、穀物の輸入の自由化などが起こります。

●Part6
1853年には、アンドリューアッシャーが、ブレンデッドウイスキー(熟成年月が違うモルト原酒を混合したヴァッテッドモルト)を発売します。
※歴史的には、ブレンデッドウイスキーを最初に考案したと言われています。

\実は当時/
モルトとグレーンウイスキーのブレンドは法律上禁止でした。

●Part7
ところが1860年に酒税法が改正され、ウイスキーのブレンドが違法でなくなりました。

DEFU子

あれ?
では『ティーチャーズ』は?

マスター蔵本

お待たせしました。
酒税法が改正後1884年に遂に『ティーチャーズ・ハイランド・クリーム』のブランドが登録されました。

『ティーチャーズ・ハイランド・クリーム』は、モルト原酒の比率が45%以上と、当時からモルト感があるブレンデッドウイスキーだったようです。
現在も、この伝統的な比率は後世に伝えられています。

『ティーチャーズ・ハイランドクリーム』をご紹介

マスター蔵本

『ティーチャーズ・ハイランドクリーム』は、キーモルトに『アードモア』と、その他にも約30種類の多彩なモルトを使用しています。

そしてグレーンには、トウモロコシや小麦などをブレンドすることで、豊かな風味を感じるブレンデッドウイスキーに仕上がりました。

概要詳細
種類スコッチウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
容量・度数容量:700ml(アルコール度数45%)
所有者
(製造元)
ビームサントリー 社
香り
・スモーキーなピート感
・スパイシーでシナモンのような香り
・熟したアップルのような渋みのある香りも若干する
味わい
【含んだ瞬間
ブワッとスモーキーな香りが鼻いっぱいに広がる

【中盤
シナモンのようなスパイシーなピリッとした感じが舌を刺激する

【飲んだ後】
フワッと余韻が静かに広がります
何料理に合う?ナッツ系・肉料理・デザートにも
初心者向け
ウイスキーを飲み慣れていないが、手ごろでスモーキーさも感じる1本を探している方にはピッタリです。
総合評価
DEFU子

900円前後と、コスト面もお財布に優しく、飲み口もしっかりしている普段の家飲みにはぜひ揃えて欲しい1本です。


\ぜひお試しください/


\大容量タイプはこちら/

【おつまみ】『ティーチャーズ・ハイランドクリーム』に合わせたメニューとは?

ティーチャーズ・ハイランドクリームとディズニーの『シナモンチュロス』を合わせてみた
DEFU子

『ティーチャーズ・ハイランドクリーム』と合わせたのは!
自宅で簡単にできる、ディズニー公式が発表した皆んな大好き『シナモンチュロス』です。

ディズニー公式レシピと、YouTubeチャンネル『NekonoME Cafe【ネコノメカフェ】さん』のレシピを見ながら自宅で作りました。
ネコノメカフェさんのレシピ動画が、工程やポイントの部分がとても分かりやすかったですよ。

サックリ揚った『シナモンチュロス』と、 『ティーチャーズ・ハイランドクリーム』のスモーキーな風味がよく合い、大人のデザートに変身します。

シナモンチュロスとの相性は、元々ティーチャーズにスパイシーさやピート感、そして熟したリンゴの風味があるので、とても相性が良かったです。


\ぜひお試しください/


\大容量タイプはこちら/

フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる