定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

【オススメのスコッチ】ポートシャーロット10年|パワフルな40PPMのヘビーなピートなのに、フルーティーな甘味があるウイスキー

【オススメのスコッチ】ポートシャーロット10年|パワフルな40PPMのヘビーなピートなのに、フルーティーな甘味があるウイスキー
DEFU子

今回は、アードベックとはまた違いますが、力強い重厚なピート感が味わえる『ポートシャーロット10年』です。

マスター蔵本

ブルックラディ蒸溜所が作る、ヘビリー・ピーテッド・ウイスキのブランドですね。

2018年から本格的に主力製品として販売が開始された、スコッチウイスキーシングルモルト『ポートシャーロット10年』は、ヘビーなピート香が好きな方にはオススメの1本です。

どうぞ、最後まで読んでいただき、次回購入するウイスキーリストへ加えてください。

価格:7,100円前後

目次

【蒸溜所】ポートシャーロット10年の『ブルックラディ蒸溜所』をご紹介

ポートシャーロット10年の『ブルックラディ蒸溜所』をご紹介
マスター蔵本

創業1881年のブルックラディ蒸溜所は、スコットランドのヘブリディーズ諸島、アイラ島に位置しています。

蒸溜所名をゲール語にすると「海辺の丘の斜面」と意味し、文字通り海辺の海岸道路から一歩入った所にあります。

DEFU子

ブルックラディ蒸溜所は、最近再稼働したんですよね?

マスター蔵本

そうです。
1990年代に閉鎖されていました。

再オープンしたのは、2001年の春のことです。
現在も蒸溜所内は、創業当時のままの伝統的な蒸留設備を残しながら、新たな革新的ウイスキーづくりを行っています。

マスター蔵本

ブルックラディ蒸溜所は、ウイスキー造りに『テロワール』が重要だと考えていると言われています。

DEFU子

テロワールとは?

テロワールの意味

簡単に解説すると、『生育地の地理・地勢・気候などによって品種の特徴』を指すフランス語です。
語源は、フランス語のterre(土地)と言われています。

そのため、ブルックラディ蒸溜所では、ウイスキー造りの原材料をはじめ環境まで、アイラ島でこだわるようにしているそうです。

\ブルックラディ蒸溜所のこだわり/

  1. アイラ島内の農家と契約し、アイラ産の大麦を使用。
    ※全てがアイラ産ではありませんが、将来的に全て切替予定です。
    もちろん、現在使用しているアイラ産以外の大麦は、スコットランド産のものを使用。
  2. 熟成、ボトリングまでアイラ島で実施。

ブルックラディ蒸留所は、アイラ産の材料と環境を意識しながら、現在3つのブランド・ウイスキーを販売しています。

マスター蔵本

・ピートを炊かないモノ
・ヘビーなピート感のモノ
・さらに強烈なピート感のモノ
この3つです。

1番のピートを炊かないモノは、
明る目の青一色のユニークなボトルデザインが特徴的な『ブルックラディ』です。

2番のヘビーなピート感のモノは、
今回ご紹介する『ポートシャーロット』で、アードベッグより二回り程下回るフェノール値が30〜40ppmのウイスキーです。

3番の強烈なピート感のモノは、
アードベッグのフェノール値を一気に超える80〜300ppmの『オクトモア』です。

アードベックのフェルノール値は、約55〜65ppmと言われています。

【評価】『ポートシャーロット10年』をご紹介

価格:7,100円前後

『ポートシャーロット10年』は、ポートシャーロット・スコティッシュ・パーレイの後継として発売が開始されたウイスキーブランドです。

DEFU子

凄くスモーキーなピート感と合わせて、フルーティーで華やかな香りや甘さが強いウイスキーでした!

マスター蔵本

ノンチルフィルターで着色料無添加、そしてアイラ島の湧水を使用してボトリングしています。

そして熟成樽には3種類使用され、その風味がミックスされウイスキーの味わいに抽出されています。

  • ファーストフィル・アメリカンウイスキー樽 65%
  • セカンドフィル・アメリカンウイスキー樽 10%
  • セカンドフィル・フレンチワイン樽 25%

『ポートシャーロット10年』の味わい・香り

概要詳細
種類シングルモルト・スコッチウイスキー
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数50%)
所有者(製造元)ブルックラディ蒸溜所(レミーコアントロー社)
香り
・アードベックのようなピートの強い香り
・薬草のような風味
・ナツメグやシナモンのようなスパイシーな香り
味わい
アードベックと同様に、アイラ島にある蒸溜所で、さらにピートが高いこともあり、ピートの力強さが似ています。

【含んだ瞬間
唇に一瞬、オレンジピールのようなビターな甘みを強く感じる。

【中盤
ピート香(ヨード臭)の高い香りが一気に広がりながら甘みと一緒に、生姜やナツメグのようなスパイシーさと、海藻などを思わせる潮気が楽しめる。

【飲んだ後】
ココナッツやオレンジピールのような爽やかさが広がる。
そして、ピート香が楽しめる。
何料理に合う?ドライフルーツ、赤身肉、海産物(牡蠣などのミルキーなモノ)…など
初心者向け
ヘビーなピート感が強烈なので、慣れていない初心者の方には、なかなか厳しいでしょう。
ですがピートの反面、フルーティーな甘さも強いので、慣れていない方でもハイボールなどにすれば、より飲みやすくなります。
総合評価
DEFU子

ヘビー・ピートなウイスキーが好きな人には、ぜひ試して欲しい1本です。

ぜひお試しください

【飲み方】『ポートシャーロット10年』のtasting note

DEFU子

今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

ストレートの場合

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

強烈なピートの香りが楽しめ、フルーティーな甘味が強く感じます。
そして、シナモンなどのスパイシーさが甘さの中に広がります。

ロックの場合

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

飲む前に、薬草のようなピートの香りがし、口に含んだ瞬間ストレートよりさらに甘味を感じます。

口当たりは凄くライトに変化しました。

ハイボールの場合

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

炭酸を入れることで、よりピート感がライトになりますが、甘さもスッキリすることで、スモーキーさが目立ちました。

DEFU子

ポートシャーロット10年でおすすめの飲み方は、ロックもしくはハイボールです。

【おつまみ】『ポートシャーロット10年』に合わせたメニューとは?

『ポートシャーロット10年』に合わせたメニューとは?赤身肉のステーキ
DEFU子

スモーキーなピート感に負けない、肉の旨味が凝縮した赤身肉のステーキを合わせました。

そして、ステーキの食べ方はワサビと藻塩でシンプルにしたことで、全くポートシャーロットの味わいを邪魔しません。

藻塩は、海水と海藻の旨味が凝縮した日本の塩です。
アイラ島らしい『ポートシャーロット10年』の潮気とも、凄く相性が良かったのが印象的でした。

マスター蔵本

ぜひ試してみて欲しいですね!

また、ポートシャーロットのアイラモルトらしい潮気を活かして、海鮮系の牡蠣などと併せるのも非常にオススメです。


\ぜひお試しください/


\海産物との相性も抜群/




フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
【オススメのスコッチ】ポートシャーロット10年|パワフルな40PPMのヘビーなピートなのに、フルーティーな甘味があるウイスキー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる