ウイスキー

【オススメの日本ウイスキー】ワールドウイスキー『サントリー碧Ao』|ビームサントリー社が所有する世界5大ウイスキーをブレンド!

DEFU子
DEFU子
今回はサントリーが所有する各国の蒸溜所の原種をブレンドした『サントリー碧Ao』です!
マスター蔵本
マスター蔵本
世界5大ウイスキーの産地である、スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本から選定した原種が使用されたウイスキーですね。

『サントリー碧Ao』が発売されるまで、世界5大産地のウイスキーをブレンドした1本はありませんでした。
ぜひ興味のある方は、次回購入するウイスキーリストに加えてください。
ハーフボトルも発売されています。

価格:4,600円前後(ハーフボトル:2,700円前後)

『サントリー碧Ao』の概要

『サントリー碧Ao』をご紹介
マスター蔵本
マスター蔵本
日本のウイスキー業界に、『ワールドウイスキー』が定着した一因にもなったのが、この『サントリー碧Ao』の登場です。

サントリー(サントリーホールディングス)は、2014年にジムビームを買収したことで、『ビーム・サントリー社』が誕生しました。
それと同時にサントリーは、世界5大ウイスキーの様々な蒸溜所を所有することになります。

DEFU子
DEFU子
そこで、世界初の試み『サントリー碧Ao』の企画が持ち上がったのですね!

元々、このアイディア自体は『サントリー碧Ao』の製品化が動く前からあったそうです。

世界初の企画に挑戦したのは、サントリー5代目チーフブレンダー福與(ふくよ)氏が中心に、もう一人のブレンダーと共に行いました。
自社の各国にある蒸溜所から、多くの原酒サンプルを集めテイスティングし、各個性を情報として掴むことに専念することから、手探りで始めたそうです。

開発から約1年半後、品質・味わい共に最高の1本に完成しました。

 

『サントリー碧Ao』をご紹介

マスター蔵本
マスター蔵本
ブランド名『サントリー碧Ao』は、世界と日本を繋げている美しく深い海の色からとったそうです。 

そんな世界と日本を繋げるワールドウイスキー『サントリー碧Ao』は、5大生産国それぞれの味わいが残るようにブレンドされています。

 

『サントリー碧Ao』の原酒について

上記でお伝えした通り『サントリー碧Ao』には、ビームサントリー社が所有する5カ国にある7つの蒸溜所から原酒が選定されています。
使用した蒸溜所で作られるウイスキーは、多くの愛好家から親しまれているウイスキーです。

サントリー碧Aoの原酒
  1. スコットランド(スコッチ)
    →アードモア:スモーキーモルト原酒
    →グレンギリー:ノンピートモルト原酒
    【役割】スモーキー、スパイシー、厚みのある味わい
  2. アイルランド(アイリッシュ)
    →クーリー:ノンピートモルト原酒
    【役割】複雑な味わいと香り
  3. アメリカ(バーボン)
    →ジムビーム:ジムビームバーボン原酒
    【役割】華やかな香り、バニラ香
  4. カナダ(カナディアン)
    →アルバータ:グレーン原酒
    【役割】柔らかな香りと味わい
  5. 日本(ジャパニーズ)
    →山崎:シェリー樽モルト原酒
    →白州:スモーキーモルト
    【役割】味わい全体をまとめる

使用している原酒のブレンド比率は、カナディアンのアルバーターが多く、次にバーボンのジムビームが続くと言われています。
また、ブレンド後にパンチョン樽で味わいを整えるために、約4ヶ月ほど後熟しています。

↓↓↓

『サントリー碧Ao』の味わいについて

DEFU子
DEFU子
飲んだ瞬間から余韻の間で、色々な香り・味わいが変化しました!
各蒸溜所の原種から感じられる特徴が楽しめます。

私は初めて飲んだ際、甘い華やかな香りが開いた後、スモーキーな香りとスパイシーさが印象的でしたが、飲み方を変えたり別の日に飲むと、また香り味わいがしました。

気になる評価はこちら
種類ワールドウイスキー
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数43%)
所有者(製造元)サントリー
香り

  • バニラ香
  • パイナップルのような水水しいフルーティーな香り
  • スモーキーな香り
味わい

  • (含んだ瞬間)
    バニラのような香りと、フルーティーさが広がります。
  • (中盤)
    徐々にウッディーさや、スモーキーなコクがし、シナモンのようなスパイシーさなど複雑さが楽しめます。
  • (飲んだ後)
    スモーキーな香りと、甘い風味が余韻に感じられます。
何料理に合う?肉料理、魚料理、おつまみ、デザートなど多種多様
初心者向け
スモーキーさもシッカリと感じられますが、初心者の方でもこの多彩な香りがクセになるかもしれません。
総合評価
DEFU子
DEFU子
『サントリー碧Ao』は、多彩な香りと味わいが楽しめる面白いウイスキーです。

\ぜひお試しください/

価格: 4,600円前後

\ハーフサイズはこちら/

価格:2,700円前後

 

【飲み方】『サントリー碧Ao』のtasting note

DEFU子
DEFU子
今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

【ストレート】

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

アルコール感を感じる辛味がありますが、まろやかな飲み心地でした。
また、甘く華やかな香りよりも、スモーキーさが目立つ印象です。
また、オイリーなグレーンらしさや、ウッディー感もあり厚みを強く感じます。

↓↓↓

【ハーフロック】

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

バニラ香や水水しいフルーティーさを感じます。
甘い風味も強く感じ、スモーキーなコクやスパイシーさもシッカリした印象です。
飲み心地は、柔らかな円やかさを感じました。

↓↓↓

【ハイボール】

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

ハーフロックやストレートに比べると、『サントリー碧Ao』の多彩な香りが静まり、穏やかな印象です。
飲み心地は、やはり炭酸が入っているので、スッキリとします。

DEFU子
DEFU子
『サントリー碧Ao』は、飲み方で全く違う印象になりました!
ぜひ、お好みの飲み方を見つけてください。

【おつまみ】『サントリー碧Ao』に合わせたメニューとは?

『サントリー碧Ao』に合わせた家飲みおつまみをご紹介
DEFU子
DEFU子
今回はラザニアです

ストレートでテイスティングした際、『サントリー碧Ao』にはまずお肉を合わせたいと思っていたこともありの選択です。

飲み方によっても、全く印象が変わる『サントリー碧Ao』なので、食事とも合わせやすいと言えるでしょう。

『サントリー碧Ao』のスモーキーさやスパイシーさが、トマトソース味のガッツリしたミンチ肉の味わいをシッカリと受け止めてくれました。

ぜひ、購入した際は色々な料理やおつまみと合わせてみてください。

\ぜひお試しください/

価格: 4,600円前後

\ハーフサイズはこちら/

価格:2,700円前後

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)