ジョニーウォーカー特集

【オススメのスコッチ】限定発売『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』|1860年代に発売したオールド・ハイランドから着想!

DEFU子
DEFU子
ジョニーウォーカー200周年を祝し、限定発売された『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』です。
マスター蔵本
マスター蔵本
約200年前のエッセンスが詰め込まれ、当時の味や雰囲気が楽しめると、発売前から注目されていましたね。

『ジョニー・ウォーカー』のブランドは、世界中で販売されるブレンデッドウイスキーの9割をしめると言われるほど、多くのお酒好きの方から愛されています。

今回は200周年をテーマに、新たに2021年5月に発売されたばかりの『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』をご紹介します。
ぜひ最後まで読んで頂き、次回購入するリストへ加えてください。

価格:5,900円前後

2019年世界No.1の販売数を誇るスコッチウイスキー『ジョニー・ウォーカー』の歴史とは?

2019年世界No.1の販売数を誇るスコッチウイスキー『ジョニー・ウォーカー』の歴史とは?

(世界No.1の販売数とは、IMPACT DATABANK2019に基づく販売数量です。)

お酒を嗜んでいる方は、シルクハットにステッキを持った英国紳士が書かれたパッケージのウイスキーを見たことがあるのではないでしょうか。
ジョニーウォーカーの歴史は、1820年に小さな食料雑貨店をジョン・ウォーカー氏がスコットランドのキルマーノックで開業し、スタートしました。

その11年後の1831年に連続式蒸留機が発明されたことで、徐々にブレンデッドウイスキーがウイスキー業界の中で注目されていきました。
1850年代あたりから、ブレンデッドウイスキーは盛んになります。
もちろん、後の『ジョニーウォーカー』ブランドも、ブレンデッドウイスキーの波に乗り業績を残しました。

マスター蔵本
マスター蔵本
創業者ジョン・ウォーカー氏の息子(アレクサンダー氏)が、1867年頃に『オールド・ハイランド・ウイスキー』を世界中へ輸出することに成功します。

この『オールド・ハイランド・ウイスキー』がきっかけで、ブランドは拡大していったそうです。
1877年に、息子アレクサンダー氏が商標登録し、いよいよジョニーウォーカーの前進が誕生となりますが、ブランド名はまだジョニーウォーカーではありませんでした。

ブランド名が『ジョニーウォーカー』となったのは、ジョニ赤・ジョニ黒が発売された後の1909年だと言われています。

ちなみに当時の『ジョニ赤(レッドラベル)』は、1909年頃も好評だったオールド・ハイランド・ウイスキーの名称が変更され、新しく発売されたそうです。

マスター蔵本
マスター蔵本
1900年代になっても、ブランドの拡大に繋がった『オールド・ハイランド・ウイスキー(=ジョニ赤)』は、多くのウイスキーファンから愛されていました。

↓↓↓

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』をご紹介

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』をご紹介

今回200周年を祝し限定ボトルで発売される『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』は、全てのキッカケになった『オールド・ハイランド・ウイスキー』からインスピレーションしたとされています。

マスター蔵本
マスター蔵本
そのため、200年前のエッセンスを、味・香・デザイン全てに組み込み作られました。

 

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』に使用した原酒

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』には、200年前の味わいや香りなどを再現するために、当時の原酒に着眼点を置かれました。

使用されている原酒は、1860年代から稼働している蒸溜所のものです。
もちろん当時、ジョニーウォーカーが使用できた原酒に限ります。

また、当時のウイスキーをイメージして、アルコール度数は51%です。
(1860〜1890年の度数を反映しているそうです)

マスター蔵本
マスター蔵本
現在販売されている多くのウイスキーと比べると、かなり高目だったことが分かります。

 

ボックスのデザインは開けてビックリ!

ボックスのデザインは、表側は白を基調にしたシンプなデザインです。観音開き仕様のボトルを開けてみると、ボトルの左右に街並みが描かれています。

これは、1820年頃にスコットランドのキルマーノックで創業した雑貨店が描かれているそうです。
ウイスキーのボトルだけでなく、ボックスまで200年前のエッセンスが追加されました。

DEFU子
DEFU子
あまりに特別すぎて、絶対に捨てられません!

 

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』の味と風味

DEFU子
DEFU子
芳醇なドライフルーツのような甘みと、胡椒などのスパイシーさを併せ持った印象でした。

余韻はドライでスモーキー感が残り、全体を通して複雑な味わいと風味が楽しめるそうです。

気になる評価はこちら
種類スコッチ・ブレンデッドウイスキー
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数51%)
所有者(製造元)ディアジオ社
香り

  • リンゴやレーズンなどのドライフルーツの香り
  • 樽のウッディーな香り
味わい

  • (含んだ瞬間)
    芳醇な干し葡萄のような香りから始まり、リンゴなどのフルーティーな酸味を感じます。
  • (中盤)
    次第にシナモンや胡椒といったスパイシーな風味や、ウッディーな樽感が響きます。
  • (飲んだ後)
    余韻は非常にドライで辛口な印象です。
何料理に合う?ビターチョコ、肉料理などガッツリとした味にも負けません。
初心者向け
重厚な芯を感じるウイスキーなので、ウイスキーを飲み慣れていない初心者の方には苦手に感じるかと思います。
総合評価
DEFU子
DEFU子
シッカリとしたコクとスパイシー感が楽しめます。

当時のウイスキーは勿論飲んだことはありませんが、「ジョニーウォーカーってやっぱり最高」と飲みながら感じていました。

ぜひご賞味あれ
価格:5,900円前後

 

【飲み方】『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』のtasting note

DEFU子
DEFU子
今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

【ストレート】

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

ストレートだと濃厚なビターチョコのような、ズッシリとしたビターなコクが楽しめます。

また、アルコール度数が高いからか、余韻は非常に辛口な印象です。

じっくり楽しむのにおすすめです。

↓↓↓

【ロック】

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

加水したことで、干し葡萄やリンゴといったフルーティな香りが、一気に広がります。

また、スパイシーな風味のアクセントも程良くし、色々な特徴を楽しむことができます。

↓↓↓

【ハイボール】

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

ハイボールになっても、特徴は弱まりません。

フルーティさやコクがより、ライトに楽しむことができます。

DEFU子
DEFU子
私はストレートと、ハーフロックがオススメです。

ただし度数が高いので、ストレートの際はご注意ください。

 

【おつまみ】『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』に合わせたメニューとは?

『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』のおつまみは焼肉!
DEFU子
DEFU子
今回は、『ジョンウォーカー・』のハーフロックに焼き肉を合わせました。

お肉の旨味で一杯のところに、『ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド』を一口飲むと、フルーティな香りやスパイシー感が肉のコクと合わさりマリアージュします。

またウイスキーの飲み口は、非常にドライで辛口なので、サッパリと肉汁を洗い流してくれます。

お肉は、基本的に岩塩や塩ダレ、ワサビといった食べ方でも、焼肉のタレでもウイスキーの邪魔をせず楽しむことができます。

ぜひ皆さんも購入後、焼き肉と合わせてみてください。

\ぜひお試しください/

価格:5,900円前後

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)