ウイスキー

【オススメのスコッチ】ザ・グレンリべット12年|スコッチの代名詞となるほどのウイスキー!!家飲みを楽しむなら是非揃えて欲しい1本

DEFU子
DEFU子
以前に『ザ・グレンリベット1824年』をご紹介しました。
今回は、同蒸溜所で作られた『ザ・グレンリベット12年』を皆さんへご紹介します。
マスター蔵本
マスター蔵本
昔から、名声を多くの蒸溜所が『グレンリベット』と名乗り始めるほど注目されていた、素晴らしい品質のウイスキーですね。

今では、グレンリベットを名乗れるのは、『The(ザ)』を付けている製品のみとなっています。
それほど、ブランドとして大切にされているスコッチの代表格は、期待した通り素晴らしいウイスキーでした。

価格:3,000円前後

『ザ・グレンリべット12年』をご紹介

老舗の貫禄が瓶のデザインから感じられるザ・グレンリベット12年
マスター蔵本
マスター蔵本
ザ・グレンリベット蒸溜所は、創業した1824年に政府公認第1号となった、スコッチの歴史の中でも重要な役割をになった蒸溜所です。
DEFU子
DEFU子
現在も、スコッチの代表格と呼ばれていた時代からの製法が行われていると伺いました。
だからこそ、長年多くのウイスキー愛好家に親しまれているんですね。
種類スコッチウイスキー(シングルモルトウイスキー)
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数40%)
所有者(製造元)シーバスブラザーズ社(ザ・グレンリベット蒸溜所)
香り

  • 蜂蜜のようなシットリとした甘い香り。
  • 柑橘系の皮の部分で感じる、ビターでフルーティーな香りがする。
  • ほのかにウッディーさも感じる。
  • かすかに薬草のような風味もある。
味わい

  • (含んだ瞬間)
    蜂蜜のような落ち着いた円やかな甘さを感じる。
  • (中盤)
    濃厚なスモーキーさが後から感じながら、柑橘系のビターなフルーティーさが広がる。
  • (最後に)
    熟成された落ち着きと、軽いスムーズな飲み心地が楽しめる。
何料理に合う?さっぱりとした鍋(豆乳・海鮮・出し系)・和食・粉物
初心者向け
ウイスキーらしい香り・風味・味わいが揃っており、スモーキーなウイスキーなどを飲み慣れていない方にはハードルが高いでしょう。
総合評価
マスター蔵本
マスター蔵本
以前ご紹介した『ザ・グレンリベット1824』の方が、12年ものよりライトな飲み心地なので、どちらが初心者向きと言えば1824の方でしょう。

ノンエイジウイスキーの『ザ・グレンリベット1824』については、下記の記事から詳細をご覧いただけます。
↓↓↓

ザグレンリベットファウンダーズリザーヴ創業者のジョージ・スミスが残したウイスキー造りのレシピを再現!
【オススメのスコッチ】ザ・グレンリベット ファウンダーズリザーヴ|創業者のジョージ・スミスが残したウイスキー造りのレシピを再現! スコッチウイスキーの多くの銘柄の中でも、代表格の1つであるザ・グレンリベット蒸溜所のモルトウイスキーをご紹介します。 ...
ぜひご賞味あれ!

【飲み方】『ザ・グレンリべット12年』のtasting note

DEFU子
DEFU子
今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

【ストレート】

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

フルーティーさが際立ち、蜂蜜のような甘さを直接楽しむことができます。
そして、ストレートで楽しむ醍醐味として、濃厚な余韻が尾を引きます。

↓↓↓

【ロック】

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

スッキリとしながらも、グレンリベットらしさは失われません。
最初はストレートのようなフルーティーな濃厚さと、甘く円やかな蜂蜜のような風味を楽しみ、氷が徐々に溶けていくことで、よりスムージーな飲み心地へと変化していきます。

↓↓↓

【ハイボール】

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

少し勿体無いとは思いつつも、やはり食中酒として飲むなら、どんな料理にも合わせやすいハイボールがオススメです。
ザ・グレンリベット12年の味わいを感じたい方には、少し濃いめの割り方が良いでしょう。

マスター蔵本
マスター蔵本
飲み方で、ガラッと風味が変わるウイスキーなので、食中酒としても楽しめますね。

【おつまみ】『ザ・グレンリべット12年』に合わせたメニューとは?

ザ・グレンリベット12年と明石焼き
DEFU子
DEFU子
我が家特性レシピ、『なんちゃって明石焼き』をグレンリベット12年と合わせました。
マスター蔵本
マスター蔵本
まさかの明石焼きですか!?

グレンリベット12年のスムーズな飲み心地と、上記でご紹介した香りと風味が、以外にもカツオ出汁の効いた粉物料理と合います。

どちらの風味も邪魔せず、むしろB級グルメが少し高級感を増していました。

ぜひご賞味あれ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。