ウイスキーコラム

2020年は竹鶴政孝と妻リタの結婚100周年!『シングルモルト余市 アップルブランデーウッドフィニッシュ』『シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ』発売

DEFU子
DEFU子
結婚100周年記念というと、竹鶴政孝さんとリタさんが結婚したのは、1920年ということですね。
マスター蔵本
マスター蔵本
そうです。
それを祝し、3月24日(火)に数量限定で、竹鶴政孝さんとリタさんにとって思い出深い『林檎』をキーとしたウイスキー が販売されます。
今回販売される2本とは?
  1. シングルモルト余市 アップルブランデーウッドフィニッシュ
  2. シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ

どちらシングルモルトも、熟成後にアップルブランデーの樽で更に数ヶ月熟成したことで、リングのフルーティーさが加わりました。

『シングルモルト余市 アップルブランデーウッドフィニッシュ』とは?

価格(ネットショップの場合):48,000円前後
※生産数6,700本と非常に少ないため、ネットショップでは基本的に38,000円〜40,000円で販売されているようです。
(オープン価格(参考小売価格):15,000円前後)
DEFU子
DEFU子
林檎のブランデーの香りがするシングルモルトとは、贅沢なウイスキーですね。
飲んでみたいです….。
余市蒸溜所とは?

サントリーの前進である寿屋を退職した竹鶴政孝が、1934年に大日本果汁株式会社として余市蒸溜所を設立しました。

ウイスキーの製造には、何年も時間を要するため、竹鶴政孝は大日本果汁株式会社で林檎ジュースの製造販売を行い、資金繰りを賄っていたそうです。

マスター蔵本
マスター蔵本
現在のニッカウヰスキーにとって、今回の100周年にシングルモルト余市を選んだのもうなづけます。

余市蒸溜所は、竹鶴政孝氏の自身の蒸溜所として第一号ということもあり、スコッチウイスキーの伝統的なウイスキー造りを行なっていることで有名です。

現在、世界の中でも唯一、昔ながらの石炭直下焚で蒸溜を行っており、余市独特の重厚な印象のウイスキーへと仕上がっています。

『シングルモルト余市 アップルブランデーウッドフィニッシュ』は、シングルモルト余市の “力強さ” を引き継いでいます。

また、アップルブランデーの樽で熟成したことで、林檎のコンポートや焼き菓子を思わせる、芳醇で甘く芳ばしい風味が広がり、さらにピート感がする仕上がりです。

限定品を飲む前に通常版は如何ですか?

※ノンエイジ(=塾数年数の表記無しのウイスキー)

価格:5,000円前後
新発売!いかがですか?
価格(ネットショップの場合):48,000円前後
※生産数6,700本と非常に少ないため、ネットショップでは基本的に38,000円〜40,000円で販売されているようです。
(オープン価格(参考小売価格):15,000円前後)

 

『シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ』とは?

価格(ネットショップの場合):48,000円前後
※生産数6,450本と非常に少ないため、ネットショップでは基本的に40,000円〜48,000円で販売されているようです。
(オープン価格(参考小売価格):15,000円前後)
DEFU子
DEFU子
こっちの『シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ』も気になりますね。
宮城峡蒸溜所とは?

1969年に、余市蒸溜所の後に建設されたのが、宮城県と山形県の境界付近の土地にある宮城峡蒸溜所です。

竹鶴政孝が余市に次ぐ第二の蒸溜所として選んだ理由は、そこに流れる新川の水にあります。
有名なエピソードですが、新川の水で作ったブラックニッカの水割りを飲み、ここに建設することを即決したと言われています。

マスター蔵本
マスター蔵本
現在でも、宮城峡蒸溜所の仕込み水は竹鶴政孝氏を即決させた、新川の伏流水が使用されているそうです。

宮城峡蒸溜所のモルトウイスキーは、軽やかで華やかな風味のウイスキーです。

今回の『シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ』にも、宮城峡のシングルモルトらしい “華やかさ” が引き継がれています。

そのため、余市よりも林檎のフレッシュさや甘みが際立ち、みずみずしく甘酸っぱさや渋み、樽のウッディーな香りも感じさせるウイスキーになっているようです。
アクセントには、シナモンのようなスパイシーさも感じられます。

限定品を飲む前に通常版は如何ですか?

※ノンエイジ(塾数年数を表記しないウイスキー)

価格:4,000円前後
新発売!いかがですか?
価格(ネットショップの場合):48,000円前後
※生産数6,450本と非常に少ないため、ネットショップでは基本的に40,000円〜48,000円で販売されているようです。
(オープン価格(参考小売価格):15,000円前後)

 

まとめ

マスター蔵本
マスター蔵本
シングルモルト余市は重厚な印象のウイスキー、シングルモルト宮城峡は華やかな印象のウイスキーです。

この2本それぞれに、アップルブランデーの特徴が加わることで、新たな表情を見せてくるます。

DEFU子
DEFU子
どちらも魅力的ですね。

ぜひ、皆さんも次回購入するウイスキーリストに加えてみてください。

新発売!アップルブランデーウッドフィニッシュ
価格(ネットショップの場合):48,000円前後
※生産数6,700本と非常に少ないため、ネットショップでは基本的に38,000円〜40,000円で販売されているようです。
(オープン価格(参考小売価格):15,000円前後)
価格(ネットショップの場合):48,000円前後
※生産数6,450本と非常に少ないため、ネットショップでは基本的に40,000円〜48,000円で販売されているようです。
(オープン価格(参考小売価格):15,000円前後)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。