定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

NEWS|2021年からジョニーウォーカーが瓶から紙ボトルでウイスキーを発売!?

マスター蔵本
今回の最新情報は、ジョニーウォーカー公式Twitterから7月13日に発表されました。

DEFU子
どんな内容ですか?

昨今、環境問題としてプラスチックの環境汚染や、二酸化炭素の排出量が挙げられます。

そこで世界で一番飲まれているジョニーウォーカーのディアジオ社は、環境問題に注目した革新的な取り組み2021年から開始すると発表しました。

マスター蔵本
それは、紙素材のボトルで販売です。
ジョニーウォーカーを知らない人へ

ジョニーウォーカーは、上記でお伝えした通り世界で一番飲まれているブレンデッドウイスキーのブランドと言われています。

実際2017年の総販売数は、年間1830万ケースを誇り、1分間に約7本売れている計算になり、現在も新たなシリーズ『ブレンダーズバッチ』を発表するなど、その進化は止まることを知りません。

ジョニーウォーカーのライナップの一部

ジョニーウォーカーのライナップの一部

ジョニーウォーカーのラインナップは、基本的に瓶での販売が主流ですが、その瓶を生産する際に大量に出るのが、環境問題で注目される二酸化炭素です。

DEFU子
なるほど。
だから一番売れているからこそ、解決しようと取り組んだんですね!
マスター蔵本
そうです。 

実際に発売されるのは明確にはされていませんが、公式Twitterの発表では『2021年初旬』とされています。

このリサイクルができるような、持続化できる素材に変更していく取り組みは、ジョニーウォーカーのディアジオ社だけではありません。

例えば、デンマークのビール会社カールスバーグや、イギリスのパッケージ企業Frugalpacが、それぞれで持続化できる飲料系パッケージに取り組んでいるようです。

DEFU子
未来を見据えた良い取り組みですね!

でも、現在の瓶がこの先珍しくなるのは、少しだけ寂しくなりますが、紙ボトルのデザインも楽しみです。

ぜひまだ飲んでいない方は2021年前に!
価格:2,000円前後
価格:1,600円前後
価格:2,500円前後

 

フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる