ウイスキー

【オススメのアイリッシュ】クーリー蒸溜所の『カネマラ』|アイリッシュの中で唯一ピーティ感が楽しめるシングルモルト

マスター蔵本
マスター蔵本
『アイリッシュの革命児』と呼ばれる、クーリー蒸溜所の創業者ジョン・ティーリング氏が、『かつてのアイリッシュウイスキーの再興』をコンセプトに作ったウイスキーですね。
DEFU子
DEFU子
そうなんです!
『カマネラ』は、ピーティなのにサッパリライトな印象でした。

変わり種のアイリッシュを探している、ピーティ感のウイスキーでサッパリしたものを飲みたい、と思っている方に『カマネラ』はオススメです。

ぜひ、最後まで読んで頂き次回購入するウイスキーリストに加えてみてください。

価格:2,700円前後
(定価は4,200円)

カネマラの『クーリー蒸溜所』をご紹介

アイルランドのクーリー蒸溜所の「カネマラ」をご紹介。
マスター蔵本
マスター蔵本
クーリー蒸溜所は、比較的歴史が若く1987年に創業者ジョン・ティーリング氏により設立されました。
場所は、北アイルランドのダンダーク郊外のリバーズタウンに位置します。
元々は、古いジャガイモを利用して作られる工業用アルコールを製造の国立蒸留所でした。
DEFU子
DEFU子
最近なんですね。
どうして蒸溜所を?

ジョン・ティーリング氏はハーバード大に在籍中、アイリッシュ・ウイスキーの歴史を研究していたました。

その歴史の中で、衰退によって失われてしまった「かつてのアイリッシュ・ウイスキーのブランドを再興したい」という想いから始めたそうです。

マスター蔵本
マスター蔵本
実はアイルランドの中では、なんと100年ぶりの新しい蒸留所でした。

クーリー蒸溜所の第一号『ターコネル』は1992年発売され、併せて現在のアイリッシュウイスキーで珍しいビート感がある『カネマラ』も登場します。

マスター蔵本
マスター蔵本
その後の2011年にビーム社が買収後、2014年にはサントリーがビーム社を買収したため、クーリー蒸溜所はビームサントリー社の傘下となりました。 
DEFU子
DEFU子
サントリー凄い…。

『カネマラ』をご紹介

マスター蔵本
マスター蔵本
カネマラは、アイリッシュの中で唯一『ピート』を炊いた麦芽を使用し、2回の蒸留を行なったシングルモルトです。
DEFU子
DEFU子
そういえば!
アイリッシュでピート感は珍しいんですか?
マスター蔵本
マスター蔵本
現在はそうですね。

一部の説として、麦芽の税を軽減するために、大麦(未発芽)の比率が高くなり、ピートを炊かなくなった…というのがあるようです。

\ピートを炊くタイミングは?/

それは、モルティング(製麦)工程で行います。

モルティングとは、大麦を発芽させた『大麦麦芽(モルト)』を作る工程のことです。
工程の最終段階では、発芽させた大麦を、それ以上発芽しないために乾燥させます。

この乾燥の段階で、『ピート』と呼ばれる燃料を一緒に炊き込みます。

↓↓↓

今回ご紹介する『カネマラ』の由来は、アイルランドの中でかつてピート採掘地とされていた西部カネマラ地方のことです。

ピート採掘地方だったことから、かつてのアイリッシュウイスキーは、上記でご説明したピートを炊く工程を行なっていたことが分かります。

DEFU子
DEFU子
なるほど! 

つまり創業者の「かつてのアイリッシュの再興」という想いを、この『カネマラ』で再現したとうことでしょう。

マスター蔵本
マスター蔵本
『カネマラ』に使用されモルト原酒は、4年・6年・8年の熟成年数が違う3種類のタイプです。
気になる評価はこちら
種類アイリッシュウイスキー(シングルモルト)
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数40%)
所有者(製造元)ビームサントリー(クーリー蒸溜所)
香り

  • スモーキーながらも、香り高いフルーツのような鮮やかさを感じる
  • ピーティ感も感じる
味わい

  • (含んだ瞬間)
    蜂蜜のような甘さと、バーボン樽由来のバニラのような風味が一瞬広がる。
  • (中盤)
    直ぐにサッパリとした辛口で、爽やかなスパイシーさが追いかけてくる。
  • (飲んだ後)
    若干ピーティの薬草のような複雑な香りが尾引きながら、まるで、辛口の日本酒のように、スッキリとした余韻で終わる。
何料理に合う?赤身のお肉、揚げ物、ナッツ、ドライフルーツなど
※ピーティさ・サッパリ感が強いので、油を使った料理(パンチの強いもの)とも相性が良いでしょう。
初心者向け
ウイスキー愛好者に嬉しい複雑な味わいで多彩な香りです。
ピーティさなどが初めての方には、若干ハードルが高いでしょう。
総合評価
DEFU子
DEFU子
上記でお伝えした通り、複雑なのにスッキリとしている色々な顔を見てくれるウイスキーです。

飽きさせない『ピーティ』な香りのウイスキーを探している、またはアイリッシュで珍しいウイスキーを飲みたいといった方にオススメです。

ぜひご賞味あれ

※ネット通販の中でも、1本の価格が安いものを選びました。

【飲み方】『カネマラ』のtasting note

DEFU子
DEFU子
今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

【ストレート】

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

ピーティな香りと蜂蜜のような甘さ、バーボン樽由来のバニラのような風味が、アルコールが高い分円やかに濃く楽しめます。

↓↓↓

【ロック】

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

ストレート同様の香りが高いのはもちろんのこと、氷で冷えたことでスッキリとしたスパイシーな辛口感が増します。

↓↓↓

【ハイボール】

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

炭酸水の量にもよりますが、少し濃い目で飲むのがオススメです。
そうすることで爽やかな炭酸に負けず、後味に感じるピーティな薬草系の香りがより楽しめます。

DEFU子
DEFU子
食事後にじっくりと楽しむのもオススメですが、ぜひ食中酒として赤身のお肉と一緒に味わってみてください。

↓↓↓

【おつまみ】カネマラに合わせたメニューとは?

クーリー蒸溜所のカネマラに併せたおつまみは赤身肉のステーキです
DEFU子
DEFU子
今回のカネマラに併せたのは、赤身肉のステーキです!
マスター蔵本
マスター蔵本
肉の重厚な旨味と、『カネマラ』のピーティながらアッサリとした味わいは、相性が良さそうですね。

赤身肉のステーキの味付けは、カネマラの風味を邪魔しないように、シンプルに塩胡椒にしました。
その分、肉本来の噛めば噛むほど感じる旨さが強調されます。

DEFU子
DEFU子
口いっぱいに満たされた肉の旨味の中に、スッキリとしたピーティな味わいのカネマラが流れ込んだ時…最高でした!
ぜひご賞味あれ

※ネット通販の中でも、1本の価格が安いものを選びました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。