ウイスキー

【オススメの日本ウイスキー】シングルモルトウイスキー山崎(ノンエイジ)|ミズナラ樽貯蔵モルトとワイン樽貯蔵モルトのヴァッティング

DEFU子
DEFU子
今回は国産ウイスキーの中で、5本の指に入る最も有名なブランド サントリー『山崎』のノンエイジをご紹介します。
マスター蔵本
マスター蔵本
山崎は10年が終盤になった後、ノンエイジ・山崎12年・18年・25年が主なラインナップですね。

ウイスキー業界は原酒不足と取り上げられますが、『山崎』ノンエイジは比較的手に入り易く、価格面も抑えられたウイスキーです。

ぜひ、まだ飲まれたことがない方は最後まで読んでいただき、次回購入するリストに『サントリー山崎(ノンエイジ)』を入れてください。
ノンエイジの詳しい説明はこちら

 

価格:11, 000円前後(700ml)
※180mlで定価は1200円ほどです
今回、様々なネットショップを探しましたが700mlはプレミアム価格になっているものが多く、一番安いものでこちらの値段でした。

サントリー山崎(ノンエイジ=NV/NAS)をご紹介

コストパフォーマンス最強の山崎ノンエイジ(NAS/NV)をご紹介
価格:11,000円前後(700ml)
※180mlで定価は1200円ほどです
今回、様々なネットショップを探しましたが700mlはプレミアム価格になっているものが多く、一番安いものでこちらの値段でした。
マスター蔵本
マスター蔵本
シングルモルト『山崎』ノンエイジは、味・香のバランスが非常に良いウイスキーだと言われています。

日本のウイスキーらしい、深み・華やかさ・クセが少ない特徴があります。

DEFU子
DEFU子
飲んだ瞬間、凄く上品な甘い香りがし、コクがありながらもあっさりした印象でした。
マスター蔵本
マスター蔵本
それの秘密は、熟成で使用されるにあります。

\山崎ノンエイジの原酒とは?/

『ミズナラ樽貯蔵モルト』
ミズナラ樽は、日本らしい特徴を感じさせるとして、ジャパニーズオークとも呼ばれ、現在注目されています。

※他にミズナラを使用して有名なのは『シーバスリーガル・ミズナラスペシャル 』です。

『ワイン樽貯蔵モルト』
ワイン樽での熟成も、新たな試みとして注目されてきた方法です。
ご想像通り、ワインの豊潤な香りを引き継ぐモルト原酒となります。

※他に注目されたのは、世界中で驚くほどの販売数を誇るジョニーウォーカーが発売した『ワインカスクブレンド』があります。

タイプの違う上記の原酒をブレンダーたちが最適なヴァッティングをしています。
そのため、先程の深み・華やかさ・クセが少ないウイスキーが実現しています。

山崎ノンエイジの評価はこちら
種類シングルモルトウイスキー
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数43%)
所有者(製造元)サントリー(山崎蒸溜所)
香り

  • 苺、プラムの様な甘くフルーティーな香り
  • 微かにシナモンを思わせるメリハリのある香り
  • 木の香り、樽感を感じる

味わい

  • (含んだ瞬間)
    木や樽の香りがフワと広がりながら、後から苺やプラムを思わせるフルーティーな甘い香りで満たされる。
  • (中盤)
    ヘビーでないにも関わらず、しっかりとモルトのリッチなコクの奥で、微かにスパイシーなシナモンの様な風味を感じさせる。
  • (飲んだ後)
    余韻は重すぎず、スッキリとイメージ。
何料理に合う?海産物・赤身肉・ナッツ・チョコ
初心者向け
総合評価
DEFU子
DEFU子
山崎12年以降も飲んでみたいですが、まずはノンエイジを試してみてください。

『日本のウイスキーって凄い』と感じさせてくれます。

マスター蔵本
マスター蔵本
そしてノンエイジと言っても侮るなかれと言えるのが、この山崎ウイスキーです。

熟成年数に縛られないため、ブレンダーの方々の技術力で自由に多彩なウイスキーへ仕上げることが出来ます。

ぜひご賞味あれ

山崎ノンエイジ(=熟成年数を表記しないウイスキー)

価格:11,000円前後

※山崎12年はこちら

価格:19,000円前後

※山崎18年はこちら!希少

価格:88,000円前後

【飲み方】サントリー山崎(ノンエイジ)のtasting note

DEFU子
DEFU子
今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

【ストレート】

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

濃厚な山崎ノンエイジの甘み・香りが楽しめます。
ウッディーな香りも喉を通っていく時に感じますが、やはり加水をした方がより香が楽しめるでしょうか。

↓↓↓

【ロック】

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

私が個人的にオススメな飲み方は、この山崎ノンエイジ『ロック』です。

徐々に変化する味わいは、じっくりと楽しむ価値があります。
ストレートとは違い、やはり加水を徐々に行うことで、フルーティーな甘みのある上品な香りが強まります。

↓↓↓

【ハイボール】

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

サッパリと、よりライトに楽しむならハイボールがオススメです。
また、飲み慣れていない人は、ロックから始めるよりも楽しみやすいでしょう。

DEFU子
DEFU子
正直にお伝えすると、どの飲み方も最高でした!

【おつまみ】サントリー山崎(ノンエイジ)に合わせたメニューとは?

山崎ノンエイジと虎ノ門市場のあわびで贅沢バター醤油ソテー
価格:10,400円前後
DEFU子
DEFU子
今回はせっかくの山崎ノンエイジなので!
虎ノ門市場の高級食材『あわび』で贅沢バター醤油ソテーをおつまみに作りました。
マスター蔵本
マスター蔵本
海の幸と山崎の相性は良さそうですね。

特に、あわびの肝の部分の苦味とは最高ではないですか!?

DEFU子
DEFU子
最高です!
簡単に直ぐに、家飲みで作れるオススメメニューです。

 あわびの贅沢バター醤油ソテー

  1. 熱したフライパンにバターを入れ溶かしながら、あわびを投入し塩胡椒とニンニクを、お好みの量をまぶしながら火を通す。
  2. あらかた火が通れば、フライパンからあげてアルミホイルで包み、余熱で中までジックリ火を通す。
  3. 2の工程の間に、あわびを焼いていた残り汁に、醤油を適量投入し再度火を付けて煮詰めれば、あわびの旨味が凝縮したソースの完成。

余熱であわびに火を通すので、程よい火の通り具合になり失敗しません。
それに、身の質感も保ったままなので、最高の歯応えです。

特に余計な味付けをしなくても、濃厚なバターのコク・あわびがもつ海の潮気が丁度良い味付けになります。

DEFU子
DEFU子
あわびを口に入れた瞬間バター醤油の旨味が広がり、一口噛み締めると新鮮なあわびの磯の旨味と、素晴らしい歯応えが楽しませてくれます。
虎ノ門市場のあわびは新鮮で品質が最高虎ノ門市場のあわびは新鮮で品質が最高
マスター蔵本
マスター蔵本
そこに『山崎』ノンエイジを飲めば完成ですね。
DEFU子
DEFU子
そうなんです!
あわびの磯の香と、バター醤油で一杯になったところに、山崎のもつ木の樽感やフルーティーな甘みある香りが、さらに味わいを向上してくれます。

山崎を飲むことで「スッキリとする」という、決して一言では片付けられない相乗効果でした。

DEFU子
DEFU子
さらに酒飲みには堪らない!

あわびの肝と、『山崎』の相性は言うまでもありませんね!

虎ノ門市場のあわびはこちら

あわび醤油付き!
濃厚なあわびの旨味が山崎にピッタリ!

価格:10,400円前後
ぜひご賞味あれ

山崎ノンエイジ(=熟成年数を表記しないウイスキー)

価格:11,000円前後

※山崎12年はこちら

価格:19,000円前後

※山崎18年はこちら!希少

価格:88,000円前後

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。