ウイスキー

【オススメのスコッチ】バランタイン17年|THEスコッチ!40種類ブレンドされたブレンデッドウイスキーとオツマミをご紹介

DEFU子
DEFU子
コスパが良いウイスキーとして注目される『バランタイン・ファイネスト』と、同ブランドの『バランタイン17年』をご紹介します。
マスター蔵本
マスター蔵本
バランタイン17年は、1900年代に発売されてから『ザ・スコッチ』と呼ばれているブレンデッドウイスキーですね。

2020年ISC(インターナショナルスピリッツチャレンジ)金賞を受賞した『バランタイン17年』をご紹介します。
ぜひ最後まで読んでいただき、次回購入するウイスキーのご参考にしてください。

価格:4,500円前後
(※定価は9,000円ですがネットでは安く購入ができます)

『バランタイン17年』をご紹介

バランタイン 17年をご紹介バランタイン 17年をご紹介
マスター蔵本
マスター蔵本
バランタインの歴史は、創業者ジョージ・バランタインによって、1827年に後のバランタイン&サン社の前身として食糧雑貨店として始まりました。

創業者ジョージ・バランタインは、60歳の時ブレンダーとして品質の高いブレンデッドウイスキー造りを開始し、1910年に最初の『バランタイン・ファイネスト』が誕生します。

DEFU子
DEFU子
60歳からのスタートとは凄いですね。
マスター蔵本
マスター蔵本
まさに人生をかけたスタートだったと言えるでしょう。
丁度この数年前、1853年にウイスキー業界では革新的なことが起こります。
世界初のブレンデッドウイスキーを、アンドリュー・アッシャーが発表しました。
マスター蔵本
マスター蔵本
おそらくジョージ・バランタインは触発され、60歳の年齢に関わらずブレンダーとしてのスタートを決意したのでしょう。

ファイネストが発表された後の27年後、1937年にジョージ・ロバートソンが現在の「ザ・スコッチ」と呼ばれている『バランタイン17年』を完成させます。

 

バランタイン17年のキーモルトとは?

現在も、バランタイン17年のレシピはほぼ変化は無いそうです。

バランタイン17年キーモルトとは
  • スキャパ蒸溜所(ハーブのような軽快な印象)
  • ミルトンダフ蒸溜所(フルーティーな甘さが印象)
  • グレンバーギー蒸溜所(瑞々しい洋梨のような爽やかな印象)
  • グレントファーズ蒸溜所

上記4つの蒸溜所を含め、約40種類以上のモルトとグレーンがブレンドされています。

 

『バランタイン17年』のtasting note

DEFU子
DEFU子
飲んだ瞬間ビターなオレンジなどのフルーティー感と、その後上品なスモーキー感が味わえました。
マスター蔵本
マスター蔵本
非常に上品な熟成感を味わえるので、ぜひストレートでじっくり楽しんでください。
種類スコッチウイスキー(ブレンデッド)
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数40%)
所有者(製造元) ペルノ・リカール社
香り

  • フワッと突き抜ける樽の香り
  • ビターなオレンジのような上品なフルーティー感
味わい

  • (含んだ瞬間)
    円やかな舌触りと共に、フルーティーさが広がる。
  • (中盤)
    スモーキーな樽感と、トーストやナッツのような香ばしい風味が楽しめる。
  • (飲んだ後)
    後味は非常にサッパリとしている。
何料理に合う?肉料理、チョコやナッツ
初心者向け
『Theスコッチ』と言われる程、しっかりと熟成感が楽しめるウイスキーなので、飲み慣れていない方は難しいかもしれません。
総合評価
DEFU子
DEFU子
高級な価格のウイスキーですが、しっかりとした熟成感が味わえるので、ぜひ何かのお祝いに試してみてください。
ぜひご賞味あれ
価格:4,500円前後

 

【おつまみ】『バランタイン17年』に合わせたメニューとは?

バランタイン17年に併せたおつまみはガッツリ肉料理スペアリブ!バランタイン17年に併せたおつまみはガッツリ肉料理スペアリブ!
価格:4,500円前後
(※定価は9,000円ですがネットでは安く購入ができます)
DEFU子
DEFU子
今回のバランタイン17年に、ガッツリした肉料理スペアリブを併せました。

スペアリブは、一口齧れば肉汁の洪水が広がります。
味付けは若干の甘みのあるようにし、クドくならないように入れた生姜のおかげで、後味は重くありません。

バランタイン17年の飲み方は、かなり濃い目にしたハイボールにしました。

DEFU子
DEFU子
肉汁溢れる中にバランタイン17年を飲むと、そのフルーティーさと落ち着きのあるスモーキーさが相まって、サッパリと楽しむことができました。
マスター蔵本
マスター蔵本
「要は肉に合う」ということですね。
ぜひ肉料理とご一緒に
価格:4,500円前後
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。