ウイスキー

【おすすめのスコッチ】『フェイマスグラウス・ファイネスト』|30年以上スコットランドでNo1だった雷鳥で親しまれたウイスキー|終売の噂が浮上しているけど安心してください!

DEFU子
DEFU子
今回は終売が決定してしまったフェイマスグラウス・メロウゴールドと同ブランドで、低価格で楽しめる『フェイマスグラウス・ファイネスト』をご紹介します。
マスター蔵本
マスター蔵本
『マッカラン』や『ハイランドパーク』がキーモルトによる、豊かな味わいのブレンデッドウイスキーですね。

ぜひ最後まで読んでいただき、次回購入するウイスキーリストに追加してください。

今回ご紹介する『フェイマスグラウス・ファイネスト』は、一部のサイトで「メーカー販売終了」と出ていたりしていますが、公式には終売などの発表はありませんが、地域によっては品薄の場合もあると聞きますので、今後の状況を要チェックする必要があります。
価格:1,500円前後

『フェイマスグラウス』をご紹介

雷鳥のラベルが目印のフェイマスグラウスをご紹介!
マスター蔵本
マスター蔵本
フェイマスグラウスは、1800年に製造元のマシューグローグ社が創業した後、1897年から『ザ・グラウス』のブランドが始まりました。

元々マシューグローグ社は、ワインや食料品を取り扱う雑貨店でしたが、次第に独自のウイスキーも販売するようになっていたそうです。
この時代、食料品雑貨店からウイスキー事業へと進む傾向がありました。

 

フェイマスグラウスの名前の由来とは?

マスター蔵本
マスター蔵本
フェイマスグラウスは発売当初は、『ザ・グラウス』とされていたそうです。
DEFU子
DEFU子
『グラウス』は日本語で雷鳥ですね。
ラベルにも雷鳥の絵も印象的です。
雷鳥
マスター蔵本
マスター蔵本
ええ。
この名前には販売戦略があったようです。

フェイマスグラウスが生産されているハイランド地方は、夏のシーズンに多くの上流階級の観光客が訪れる避暑地でした。
上流階級の方々が行っていたのが、ゴルフ・サーモンフィッシング・雷鳥や鹿などの狩猟などが盛んでした。

そこで、ブランドの生みの親マシュー・グローグ氏は、その上流階級が顧客になるとふみ、ウイスキーを『ザ・グラウス(雷鳥)』にしたと言われています。

マスター蔵本
マスター蔵本
結果は大成で「あの雷鳥のウイスキーを!」と多くの観光名物になったそうです。

どのタイミングかは不明ですが、マシュー・グローグ氏は自身が開発したウイスキーが、あまりにも人気を呼んでいる姿を目の当たりにし、さらにブランド名を「人気の雷鳥のウイスキー」つまり、『フェイマス・グラウス』に改変したと言われています。

DEFU子
DEFU子
そのままですね。
余談ですが、雷鳥はスコットランドの国鳥で、日本でも特別天然記念物とされている鳥です。

 

『フェイマスグラウス』のtasting note

マスター蔵本
マスター蔵本
フェイマスグラウスは、英国市場最も人気のスコッチウイスキー『ベル』を凌いで、30年以上1位に君臨していた定番の銘柄です。
フェイマスグラウスのキーモルトは?
  • マッカラン
  • ハイランドパーク
  • グレンロセス
  • タムドゥー

などが主軸になっています。

また、上記の原酒を含めて40種類以上をブレンドし造られているにも関わらず、1,000円台で購入できるコスパの良さも人気の一つでしょう。

気になる評価はこちら
種類ブレンデッド・スコッチウイスキー
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数40%)
所有者(製造元)エドリントングループ社
香り

  • レーズンのような熟したフルーティーな香り
    (※シェリー樽由来と言えるでしょう)
味わい

  • (含んだ瞬間)
    蜂蜜やバニラの風味と一緒にフルーティー香りが広がる。
  • (中盤)
    少しクセのあるピート感とスパイシーさが楽しめる。
  • (飲んだ後)
    最後にウッディーな樽感で締めくくられる。
何料理に合う?ナッツやドライフルーツなど
初心者向け
飲みごたえのある特徴的なウイスキーなので、慣れていない初心者の方にはハードルが高いでしょう。
総合評価
マスター蔵本
マスター蔵本
『鳥ラベルのウイスキーと言えば』と言えるほど、昔から人気のある銘柄なので、ぜひまだ飲んでいない方は試してみてください。
ぜひご賞味あれ
価格:1,500円前後

 

最後に|『フェイマスグラウス』終売の噂について

上記でもお伝えした通り、『フェイマスグラス』のブランドの中で一部のウイスキーの終売は発表されたものの、『フェイマスグラウス・ファイネスト』については公式で終売を発表されているわけではありません。

DEFU子
DEFU子
安心しました…。
てっきり、これまで終売かと思ってしまいました。

ぜひこの機会に飲んだことがない方、また以前飲んだことがある方も、最後に手元にとって置くのはいかがでしょうか。

ぜひご賞味あれ
価格:1,500円前後