長濱蒸溜所AMAHAGAN特集

【おすすめの日本ウイスキー】長濱蒸溜所『AMAHAGAN』ワールドモルトEdition No.2レッドワインウッドフィニッシュ|WWAで2020年金賞を受賞!赤ワイン樽で後熟させたウイスキー

マスター蔵本
マスター蔵本
『AMAHAGAN』Edition No.2は、世界的なウイスキーのコンペティションWWA(ワールド ウイスキー アワード)で2020年に金賞に輝いた銘柄ですね。
DEFU子
DEFU子
そうなんです!
日本最小クラスとして有名な長濱蒸溜所が世界に認められた瞬間です!

AMAHAGANエディションNo1をベースにワイン樽でフィニッシュさせた『AMAHAGAN エディションNo.2』をご紹介します。

価格:5,100円前後

長濱蒸溜所をご紹介

マスター蔵本
マスター蔵本
長濱蒸溜所は、滋賀県の長浜市にある日本最小クラスの蒸溜所です。

元々は1995年に設立したビール工房『長濱浪漫ビール』が、2016年にウイスキーを製造する蒸溜所として開設したことがキッカケです。

そして長濱蒸溜所といえば有名な『日本最小クラスの敷地面積』です。
施設には、クラフトビールの醸造所・レストラン・ウイスキー蒸溜所があり、全て同じ敷地内におさまっています。
(※因みに蒸溜所の面積は約8坪です)

そのため、麦芽の粉砕工程から発酵まではビールの製造と兼用し、その後の作業は同じ敷地にある瓢箪型(アランビック型)のポットスチルで蒸溜しています。

100年後も長濱蒸溜所のウイスキーが喜ばれることを目指して、マスターブレンダーの清井 崇さんをはじめとするスタッフの方々が活躍しています。

 

『AMAHAGAN』Edition No.2
レッドワインウッドフィニッシュをご紹介

『AMAHAGAN』Edition No.2 レッドワインウッドフィニッシュをご紹介
マスター蔵本
マスター蔵本
AMAHAGANは、ウイスキー造りに欠かせない『ブレンド』にポイントを当てたシリーズです。

シリーズ第一弾目のAMAHAGANエディションNo.1は、2016年からスタートしたばかりの蒸溜所のため、ブレンドには海外のモルトウイスキーをベースに、長濱蒸溜所のモルトとブレンドされています。

その後、AMAHAGANシリーズは次々に登場しました。
今回ご紹介する『AMAHAGAN Edition No.2レッドワインウッドフィニッシュ』はその第二弾に発売されたウイスキーです。

 

『AMAHAGAN』Edition No.2
レッドワインウッドフィニッシュの樽の特徴

今回のAMAHAGANワールドモルトEdition No.2『レッドワインウッドフィニッシュ』には、シリーズ最初のAMAHAGAN Edition No.1をベースに使用しています。
見た目で分かる通り、Edition No.1を赤ワイン樽で後熟させたことで、赤ワインの香りや風味といった個性を引き継いでいます。

 

『AMAHAGAN』Edition No.2
レッドワインウッドフィニッシュの味わいと風味

『AMAHAGAN』シリーズの中でも、 Edition No.2レッドワインウッドフィニッシュは特に独特の赤味(レンガ色)を帯びています。

DEFU子
DEFU子
味わいも、ワイン樽で後熟している印象の風味がしました。

Edition No.2レッドワインウッドフィニッシュは、熟した果実のようなフルーティーさと併せて、シナモンのようなスパイシーさが同居しているようなイメージのウイスキーでした。

気になる評価はこちら
種類ブレンデッドモルト(ワールドウイスキー)
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数47%)
所有者(製造元)長濱蒸溜所(長濱浪漫ビール)
香り
ワイン樽らしい香りが特徴的です

  • 熟れたベリーのような甘く優しい香り
  • 干し葡萄を思わせる少し渋みを感じる香り
味わい

  • (含んだ瞬間)
    ベリーや干し葡萄といったワイン樽由来のフルーティーさがフワッと広がります。
    また、バニラのような風味も感じます。
  • (中盤)
    追いかけてモルトの風味・スモーキーさ・スパイシーさ・ウッディーな樽感などが現れます。
    ただモルトの風味は若い印象でした。
  • (飲んだ後)
    飲んだ瞬間と違い、余韻はビターで爽やかな印象。
何料理に合う?酸味を感じさせる料理、ドライフルーツ、レーズンチョコ、クセの無いチーズなど。
初心者向け
フルーティーな印象のウイスキーなので、比較的に初心者の方にも飲み易いでしょう。
また、ワインが好きな方は一度飲んでみてください。
総合評価
DEFU子
DEFU子
AMAHAGAN Edition No.2は、ワイン樽で熟成されているウイスキーに興味がある方や好きな方には、ぜひ試して頂きたいウイスキーです。

ライト過ぎず、重厚過ぎない印象のウイスキーなので、非常にどの方でも飲み易いウイスキーだと感じました。

\ぜひお試しください/

価格:5,100円前後

\ベースのウイスキーはこちら/

価格:5,200円前後

 

【飲み方】『AMAHAGAN』Edition No.2
レッドワインウッドフィニッシュのtasting note

DEFU子
DEFU子
今回試してみた飲み方は、『ストレート』『ロック』『ハイボール』の3種類です。

【ストレート】

ウイスキーのストレートでそのまま楽しむ

ベリーや干し葡萄のような、渋みや酸味などの熟した果実のような甘い香りが強調されました。
また、濃厚な角のとれたコクを感じます。

↓↓↓

【ロック】

ウイスキーのロックで味の変化を楽しむ

甘みはもちろんのこと、徐々に加水されることでモルトの風味やスパイシー感が楽しめます。
モルトの風味は、重厚感というより若い印象を感じさせます。
余韻についても、ビターな印象ですが比較的若いイメージでした。

※ロック(もしくはハーフロック)で飲むと、若さを感じさせる香りや風味などが、ちょうど良いバランスで感じ取ることができます。

↓↓↓

【ハイボール】

ウイスキーのハイボールを食事で楽しむ

ストレートやロック(ハーフロック)に比べると、炭酸を加えたことで非常にライトな飲み心地になります。
ワイン樽由来の風味はシッカリと残りますが、若い印象のモルトのスモーキー感は軽減され印象でした。

※炭酸の量にもよりますが、非常に軽快な印象に変わります。
そのため、一度ロック(ハーフロック)で試した後に、印象が強すぎると感じた際にハイボールにした方が良いでしょう。

DEFU子
DEFU子
食中酒・食後のお酒としても、ロックもしくはハーフロックの飲み方がオススメです。

AMAHAGAN Edition No.2がもつ、ワイン樽由来の風味をシッカリと感じて頂きたいからです。

 

【おつまみ】『AMAHAGAN』Edition No.2
レッドワインウッドフィニッシュに合わせたメニューとは?

【おつまみ】『AMAHAGAN』Edition No.2 レッドワインウッドフィニッシュに合わせたおつまみは「梅チーズささみフライ」です
DEFU子
DEFU子
今回はAMAHAGAN Edition No.2のもつ干し葡萄やベリーの渋みが生かせるよう、ささみの梅チーズフライを併せてみました!
マスター蔵本
マスター蔵本
酸味やフルーティーな渋みをもつウイスキーに、梅を使った料理とは……
味わいの喧嘩がなく相性が良さそうですね。

AMAHAGAN Edition No.2レッドワインウッドフィニッシュがもつ、ワイン樽由来のベリー系の香りと干し葡萄のようなビターな渋みを感じさせる風味が、以外にも梅の爽やかな酸味と非常に相性が良かったです。

また、ささみの淡白な印象がAMAHAGAN Edition No.2の風味を邪魔することなく、上手くまとめてくれます。

ここで、物足りなさを感じるかと言えば、チーズの発酵食品らしい濃厚な風味で全く感じさせません。

最後に

DEFU子
DEFU子
AMAHAGAN Edition No.2は、こんな人におすすめです。
AMAHAGAN Edition No.2
  • ワイン樽やシェリー樽で後熟させたウイスキーが好きな人
  • フルーティーなウイスキーが好きな人にも
  • ライト過ぎず重厚過ぎない、バランスの良い飲み心地が好きな人
  • 海外のモルトウイスキーが加わったウイスキーを飲んでみたい人

上記の方以外にも、ぜひ飲んでいただきたいウイスキーです。
非常に飲みやすく、本格的にウイスキーを楽しみはじめた人にもオススメの1本です。

また、AMAHAGANを造る長濱蒸溜所は、日本の中でも今注目されているクラフト蒸溜所です。
2021年3月30日からは三郎丸蒸溜所と国内初のコラボレーションした、限定新発売のウイスキーが販売さるため、さらに多くのウイスキー愛好者からますます注目されています。

まだ飲んでいない方は、ぜひ遅れを取らないよう試してみてください。

\ぜひお試しください/

価格:5,100円前後

\ベースのウイスキーはこちら/

価格:5,200円前後

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)