レシピ

【オススメのおつまみ】カリフワ納豆焼き|お財布に優しいく腹持ちも良い納豆料理

マスター蔵本
マスター蔵本
納豆おつまみシリーズですね!
DEFU子
DEFU子
今回のカリフワ納豆焼きは、材料も少なく簡単で腹持ちも良いので、おつまみとしても晩御飯のおかずにも、ピッタリのレシピです。

ご家族で楽しめる料理なので、ぜひ最後まで読んで明日の晩御飯に加えてください。

調理時間:約10分

【レシピ】『カリフワ納豆焼き』

カリフワ納豆のレシピをご紹介!表面の香ばしい感じとふくふく感が素敵
DEFU子
DEFU子
納豆は粒タイプだと、食感などの邪魔になるので、ひきわり納豆にしてください。
の材料(2~3人分)

●材料A

  • ひきわり納豆(3パック)
  • ごま油(大さじ2〜3)
    ※焼く時用

●材料B

  • 薄力粉(大さじ4)
  • マヨネーズ(大さじ2)
    ※薄力粉に対して半分
  • 塩胡椒(適量)
  • 粉末の中華スープの素(適量)
  • 醤油(適量)
  • 水(加減を見ながら大さじ2〜3)
気になるレシピはこちら!

【工程1:納豆の生地を作る】

  1. 薄力粉に水以外の材料Bを入れ、よく混ぜ合わせる。
  2. 1に材料Bの水を加減を見ながら入れて混ぜる。
    ※シャパシャパにならないように注意!
  3. 2に納豆を全て入れたのち、更にざっくりと混ぜ合わせる。
    ※練る必要はありません。
    満遍なく混ざればOKです。
カリフワ納豆のレシピをご紹介「生地編」

【工程2:焼く】

フライパンにごま油をひいてよく熱した後、2でできた納豆液をおたまにひとすくい分づつ丸くひき、片面ずつよく焼けば完成。

4の焼き工程で火がだんだんと通り始めると、パンケーキのように中身がふっくらしていきます。
DEFU子
DEFU子
仕上げにお好みで、表面を更にカリッとさせたい方は、火が通った段階で追加でごま油をひいて焼いてください。

【実食】『カリフワ納豆焼き』を食べてみた!

カリフワ納豆焼き
DEFU子
DEFU子
まさに外目はカリっごま油が香ばしく、中はフワッとしして納豆の旨味が凝縮されていました!
マスター蔵本
マスター蔵本
ハイボールが進むヤツじゃないですか。

薄力粉を抑え目に入れているので、ふっくらしないかと心配しましたが、充分にフックらと仕上がってくれました。

食感は?

食感のためにも、中はやはり『ひきわり納豆』にして正解です。

断面の様子
カリフワ納豆の実食編

ひきわり納豆にしたことで、細かく刻まれた納豆の粒々が生地と一体化して、粉に入れていたダシと良いバランス食べられます。

ひきわり納豆でなく、粒状の納豆だと大豆の食感が目立ち過ぎるでしょう。
また、満遍なく納豆を混ぜ合わせたおかげで、位置が偏らずにできて成功しました。

味は?

DEFU子
DEFU子
ダシの風味・納豆の風味・ごま油の香ばしい風味、この3つの味が合わさった、まさに和風おつまみパンケーキです。

食べる際は、そのままでも充分に美味しいですが、味を変えて醤油やポン酢を少しつけて食べると、更に美味しさが向上します。

今回のウイスキーは、ブラックニッカの『リッチプレンド』でハイボールを合わせました。

DEFU子
DEFU子
粉物とハイボール….合わないわけがない!ですね。
マスター蔵本
マスター蔵本
食感・味・コスパが良い、まさにお財布に優しいおつまみですね。
ぜひウイスキーと一緒にご賞味あれ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。