定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

【ウイスキーの豆知識!】ニッカウヰスキーのイメージキャラクター『ヒゲおじさん』のモデルは誰?

ニッカウヰスキーお馴染みのマスコットキャラ『ヒゲおじさん』のモデルをご紹介!
マスター蔵本

ニッカウヰスキーが発売する『ブラックニッカ』に描かれている、ひげが立派な男性“ヒゲおじさん”は、誰がモデルかご存知でしょうか?

DEFU子

創業者の竹鶴政孝 氏ではないですよね?

今回は一度は皆さんも見たことがある、ニッカウヰスキーのお馴染みキャラクターである『ヒゲおじさん』についてご紹介していきます。
意外と知らない方も多いかと思いますので、ぜひ興味のある方はウイスキーの豆知識としてご参考ください。

目次

ニッカウヰスキーお馴染みのマスコットキャラ『ヒゲおじさん』のモデルは誰?

ニッカウイスキー
北海道 札幌すすきにある交差点に設置されたニッカウヰスキーの大看板

ニッカウヰスキーといえば『ヒゲおじさん』を想い浮かべてしまう程、有名なマスコットキャラクターになっている男性ですが、その始まりは1965年に発売されたブラックニッカのラベルです。
ちなみに発売当初は、現在と違い向かって右向きにデザインされていました。

マスター蔵本

その有名なヒゲおじさんのモデルは、キング・オブ・ブレンダーズと呼ばれていた、19世紀英国で活躍していたウイスキーのブレンド技術の王様『W・P・ローリー卿だと言われています。

実のところ、W・P・ローリー卿のモデルはブレンド技術の重要性を説いた人物と別に、17世紀の冒険家ウォルター・ローリーがモデルという説も存在しています。
ニッカウヰスキー2代目マスターブレンダー 竹鶴威 氏も、実際のモデルが誰だったかは不明だったようですが、公式発表ではW・P・ローリー卿がテイスティングしている様子だとされています。

W・P・ローリー卿はどんな人物?

W・P・ローリー卿(William Phaup Lowrie)は、19世紀下旬からウイスキーのブレンドを行なっていた男性です。
彼はウイスキー作りの修行を経た後、ウイスキーのビジネスをグラスゴーではじめ、ジェームズブキャナン社と提携しブレンダーとして活躍しました。

ちなみにグラスゴーは竹鶴政孝 氏が、スコットランドへ留学した際に、ウイスキーの勉強を行なっていた土地です。

DEFU子

疑問なんですが、竹鶴政孝 氏も立派なヒゲがあったので、本人がモデルなのかと思っていました。

もちろん当時も創業者の竹鶴政孝 氏がモデルだと勘違いする人もいたようで、そんな時は「自分の顔をラベルに……そこまで厚かましくない」などと言っていたそうです。

ヒゲおじさんが登場しているウイスキー『武ラックニッカクリア』

価格:800円前後
(4,000mlの大容量は3,800円前後)

『ブラックニッカ クリア』は、1998年に発売されてから2011年にブラックニッカ クリアとして名称を改変され、多くのウイスキーファンから愛されています。
価格も1,000円前後と非常にコスパが良く、味わいはそれ以上と、普段の家飲みウイスキーとしてオススメしたい1本です。

概要詳細
種類ブレンデッドウイスキー
容量・アルコール度数容量:700ml(アルコール度数37%)
所有者(製造元)ニッカウヰスキー
香り・味わいスモーキーフレーバーのないモルト由来の円やかなコクと香りが楽しめるウイスキーへです。
ライトで軽やかな甘いモルトの香り が楽しめます。
(※原酒の一部に輸入原酒が使用されています。)
総合評価

ウイスキーの詳しいレビューはこちら


\ぜひお試しください/

¥891 (2021/11/07 11:59時点 | Amazon調べ)
※お得な大容量
¥3,878 (2021/11/07 12:01時点 | Amazon調べ)
フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
ニッカウヰスキーお馴染みのマスコットキャラ『ヒゲおじさん』のモデルをご紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる