定期宅配サービスで快適な家飲みを!(詳細はコチラ)

【DEFU子のお酒のコラム】飲む前に知っておきたい二日酔いに効く食べ物とは?|オススメのおつまみ料理もをご紹介

DEFU子のお酒のコラム 飲む前に知っておきたい! 二日酔いに効く食べ物は? おつまみ料理も! 二日酔いの原因もご紹介
マスター蔵本
お酒の席は楽しいですが、飲みすぎてしまうと翌日に、地獄のような二日酔いに悩まされてしまいますよね。
DEFU子
はい…。
特にこれから飲み会が多くなるので不安です。
マスター蔵本
どのようなメカニズムで二日酔いの症状が起きて、身体にどんな影響が起きているのかを理解すると、二日酔いにどんな食べ物が効果的なのかということがわかりやすくなります。

今回は、地獄のような二日酔いが起こる原因から、タイトル通り二日酔いに効くオススメの食べ物たちがテーマです。

ぜひ最後まで読んで、飲み会のご参考にしてください。

目次

二日酔いの原因は「アセトアルデヒド」

マスター蔵本
アセトアルデヒドは、アルコールそのものやアルコールが肝臓で分解された時にできる有毒な成分です。

このアセトアルデヒドは本来、分解されて体外に排出されてしまう物質なのですが、肝臓の処理能力を超えるペースでお酒を飲んでしまうと、アルコールの分解が追い付かずアセトアルデヒドが処理されないまま血流に乗って他の臓器へと移動してしまいます。

DEFU子
体が悲鳴をあげている状態ですね。

アセトアルデヒドが体内に残っていることで二日酔いの症状が発生し、胃炎などの炎症や頭痛、吐き気のような症状が起きてしまうと考えられています。

お酒に含まれているアルコール(エタノール)は、細胞の間をすり抜けて細胞に入り込むような小さい分子です。

DEFU子
小さな小悪魔のような存在なんですね。
マスター蔵本
…え〜…つまり

その小さな分子が消化管で抑制剤として作用し、消化管の運動性を下げます

アルコールは消化管から肝臓に向かい、肝臓に到達するとアルコール脱水素酵素という酵素によって分解されます。

アセトアルデヒドの分解スピードが遅い体質の人や、分解できる量を超えてアルコールを摂取した場合、体内にアセトアルデヒドが蓄積されて二日酔いの症状を引き起こしてしまいます。

お酒の席の途中、お酒を飲んだ後に効果的な食べ物とは?

二日酔いを防ぐ為にはお酒の飲みすぎを防ぐことも重要ですが、肝臓の解毒作用を高めることも効果的です。

二日酔いに効果的な食べ物についてご紹介します。

野菜はココがオススメ!



トマト

マスター蔵本
トマトには、体内の酵素を活性化させる成分が含まれています。

この酵素には肝臓でのアルコール代謝を促す役割があり、アルコールとアセトアルデヒドの代謝をスムーズにしてくれます。

また、トマトにはクエン酸も含まれていて、クエン酸回路を活発にしてアルコール代謝によってエネルギー不足となった体にパワーを与えてくれます。

トマトにはこの他肝臓の働きを促してくれるGABA、解毒作用のあるグルタチオン、利用作用の高いカリウムが多く含まれているので、トマトは二日酔いに最適な食べ物と言われています。

DEFU子
なんだか、既にトマトが最強のような気がします!

しじみ

マスター蔵本
しじみに含まれているオルニチンという成分は、肝臓の働きを助けてくれたり、疲労感や倦怠感をなどのさまざまな深い症状を抑えてくれる働きを持っています。

胃に負担が少ない温かい味噌汁と一緒に食べると、体外へ排出されてしまった塩分やミネラルを摂取することもできます。

DEFU子
お酒の後のしじみ汁は最高です。

成城石井のもうたま卵にいいちこを合わせてみた

マスター蔵本
卵には体内に残ったアルコールの分解を助けてくれる、システインという成分が含まれています。

システインはあまり食品には含まれていない成分なのですが、卵を食べるとメチオニンというアミノ酸が体内に入り、この結果身体の中でシステインを生成することができます。

さらに卵の火の通り具合を半熱にすると、体内での吸収と消化がしやすくなり解毒作用が向上します。

DEFU子
半熟卵にそんな効果があったんですね!

https://whisky.defu-gami.com/2019/11/07/otumami-recipe-rentin-tyawanmushi/
https://whisky.defu-gami.com/2019/09/26/otoriyose-seijyouishii-moutamaran/
https://whisky.defu-gami.com/2019/08/09/%e3%81%8a%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%bf%ef%bc%92-%e5%a4%a9%e6%b4%a5%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%81%a7-%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%83%aa%e3%81%8a%e9%85%92%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%82%80/

梅干し

マスター蔵本
梅干しには肝機能を活性化させる効果があり、クエン酸の力で疲労も回復してくれます。

クエン酸は唾液の分泌を促して消化を良くしたり、胃腸の分泌を増やしたりする働きも持っている為、二日酔いがきっかけで起きた食欲不振をやわらげることができます。

また梅干しは、二日酔いによって酸性になった体を弱アルカリ性に早く戻してくれる効果を持っています。

ピーナッツ

ザクザクしたナッツを楽しメル サツマイモのナッツサラダ

マスター蔵本
ピーナッツに含まれる、ナイアシンというビタミンB群の一種が、アルコールの分解を手助けしてくれます。
DEFU子
ウイスキーにおつまみで、ミックスナッツが出されるのは、味を一緒に楽しむ以外にも、そういった面で嬉しい効果があるんですね。
あわせて読みたい
【オススメのウイスキーに合うおつまみ】今が旬サツマイモのナッツサラダ|ホクホクとしたサツマイモの... 今回は、サツマイモ版のポテトサラダに、ナッツを加えて食感と風味を良くした『サツマイモのナッツサラダ』のご紹介です。 ナッツが入っているので、より一層ウイスキー...

バナナ

DEFU子
これ知ってます!
バナナには、カリウムが豊富に含まれている果物ですよね。

カリウムは水分と共にお酒の利尿作用により失われてしまう成分で、カリウムが欠乏してしまうと身体がだるいという症状が発生します。

カリウムは、飲みすぎから起こるむくみの対策にも効果的な成分です。

ヨーグルト

マスター蔵本
ヨーグルトは、腸内環境を整えてくれます。

肝臓の働きを助ける成分が多く含まれているアロエを一緒に入れて食べると、より二日酔いに効果的です。

DEFU子
アロエヨーグルトですね!

アロエの主成分であるアロエチンはには肝臓の解毒作用を活性化させる効果があると言われています。二日酔いの時は食欲がわかないと思いますが、ヨーグルトのような喉越しの良いものであればさっぱりと美味しく食べることができます。

 

ブロッコリー

マスター蔵本
ブロッコリーに多く含まれているスルフォラファンという成分は、肝臓の解毒作用を高める効果を持っていると言われています。

このスルフォラファンという成分をブロッコリーよりも多く含んでいる食べ物として、ブロッコリースプラウトがあります。

スルフォラファンは肝臓の解毒作用を高めてくれるだけでなく、花粉症抑制や肥満抑制といった効果を期待することもできます。

キャベツ

マスター蔵本
キャベツには、二日酔い予防に効果的なファイトケミカルという成分が含まれています。

ファイトケミカルは野菜が作る天然の機能性成分で、肝臓の解毒酵素を増やしてアセトアルデヒドをデトックスしてくれます。

野菜は『らでぃっしゅぼーや』の有機・低農薬野菜を使ってます。

野菜本来の旨味が濃くて凄く美味しいですよ!

↓↓↓

詳しくは下記の記事から

あわせて読みたい
徹底解説|おすすめ食材定期便らでぃっしゅぼーやのコース・料金・配送について|セレクトサービス・ぱ... 【 定期宅配便を探している方必見情報!】実際に注文を4年以上継続し続け、美味しさに大満足中!おすすめの食材定期便『らでぃっしゅぼーや』の「セレクトサービス」「ぱれっと」のコースについて・料金・配送・口コミに関して詳しくをご紹介!ボックスの中身を入れ替えたい時は【セレクトサービス】がオススメです。

お酒を飲む前に、食べておきたい食べ物とは?

二日酔いはお酒を飲む前に予防することができます。

薬を飲むのも良いですが、ここでは二日酔い予防に効果的な食べ物についてご紹介します。

カキ、ハマグリ、アサリ、タコ、イカ

マスター蔵本
これらの食べ物に多く含まれているタウリンという成分は、肝臓で胆汁酸の分泌を促す働きや、アルコールを分解して体外への排出を促す解毒作用を持っています。

ただしタウリンは水に溶けだしやすい性質があるので、煮物や汁物にした場合は汁も飲むようにしましょう。

鍋料理の場合は出汁まで味わうのがポイントです。

DEFU子
牡蠣の鍋は、神料理です!
私がオススメする牡蠣を付けておきますね。

ハイランドパークに牡蠣鍋

この牡蠣は、一粒が赤ちゃんの拳より少し小さいぐらいの大粒で、加熱してもほとんど小さくなりません。

牡蠣はココがオススメですよ!

 

カレーライス

マスター蔵本
二日酔いに効く飲み物としてウコンが使用されているドリンクが有名ですが、ウコンとはカレー粉に含まれる黄色いターメリックのことです。

ウコンに入っているクルクミンという成分が肝機能の働きを助け、悪酔いを防いでくれます。

お酒の席の予定がある日のお昼をカレーライスにしておくのもおすすめです。

オクラ、納豆、長芋、なめこ

マスター蔵本
これらのネバネバ食品には、胃や腸の粘膜を保護してくれる働きがあります。

お酒を飲む前に粘膜を保護しておくことで、アルコールの急激な吸収を抑え胃粘膜障害を防ぐことができます。

https://whisky.defu-gami.com/2019/10/16/otumami-recipe-nattougyouza/
https://whisky.defu-gami.com/2019/09/17/otoriyose-otumami-temakinattou-seijyouishii/
https://whisky.defu-gami.com/2019/09/09/otumami-recipe-nattou-kintyaku-deepblend/
https://whisky.defu-gami.com/2019/10/02/otumami-recipe-okuraponzuduke/

枝豆、じゃがいも

ガーリックハーブのポテトフライを食べてみた感想

マスター蔵本
枝豆やじゃがいもはビタミンCを豊富に含み、肝臓でのフリーラジカルの生成を抑えます。

フリーラジカルは細胞をウイルスや細菌から守る働きを持っているのですが、過剰産生されてしまうと、肝機能が低下して毒素や有害物質の分解が効率よくできなくなってしまいます。

居酒屋さんのメニューの中に必ず枝豆が入っているのには、こういう理由もあるのでしょう。

https://whisky.defu-gami.com/2019/10/29/otumami-garlicherb-potato/
https://whisky.defu-gami.com/2019/10/08/otumami-recipe-hokkaidoujyaga-mentaipatesara/
https://whisky.defu-gami.com/2019/08/05/%e3%81%8a%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%bf%ef%bc%91-%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%83%bb%e5%ae%89%e3%81%84%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ac-%e3%83%9a%e3%83%9a%e3%83%ad%e3%83%b3%e6%9e%9d%e8%b1%86/

チーズ

マスター蔵本
チーズなどのような乳製品に含まれるタンパク質には、肝機能をを活性化させる効果があります。
あわせて読みたい
【5分でできるオススメのウイスキーに合うおつまみ】リンゴとブリーチーズのカナッペ風|ホームパーティ... もちろん、普段の家飲みでもお楽しみいただけるメニューなので、オシャレに家飲みを楽しみたい時ぜひとも作ってみてください。 【【レシピ】『リンゴとブリーチーズのカ...

鶏のむね肉

マスター蔵本
鶏肉は消化をゆっくりにしてくれるタンパク質を豊富に含んでいます。

ただしアルコール分解中の肝臓は脂肪を分解する働きが弱くなってしまっているので、脂肪の少ないささみや胸肉などが二日酔い予防に適しています。

まとめ

楽しいお酒の席から二日酔いに対する悩みが消えたら、もっとお酒を飲む時間を楽しめるのではないでしょうか。

二日酔いのメカニズムを理解すると共に二日酔いに効果的な食べ物を覚えて、お酒を楽しく飲みましょう。

野菜は『らでぃっしゅぼーや』の有機・低農薬野菜を使ってます。

野菜本来の旨味が濃くて凄く美味しいですよ!

↓↓↓

詳しくは下記の記事から

あわせて読みたい
徹底解説|おすすめ食材定期便らでぃっしゅぼーやのコース・料金・配送について|セレクトサービス・ぱ... 【 定期宅配便を探している方必見情報!】実際に注文を4年以上継続し続け、美味しさに大満足中!おすすめの食材定期便『らでぃっしゅぼーや』の「セレクトサービス」「ぱれっと」のコースについて・料金・配送・口コミに関して詳しくをご紹介!ボックスの中身を入れ替えたい時は【セレクトサービス】がオススメです。
フレーバーの詳細情報からお好みのウイスキー検索したい方はこちらへ
DEFU子のお酒のコラム 飲む前に知っておきたい! 二日酔いに効く食べ物は? おつまみ料理も! 二日酔いの原因もご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる