ウイスキーコラム

【DEFU子のお酒のコラム】糖質ゼロなのにウイスキーが“甘い“と表現される理由は?

DEFU子
DEFU子
言われてみれば不思議ですよね。

蒸留を繰り返して造られるウイスキーに、チョコのような甘さやフルーティーな甘さを感じるのは、まるで糖分が入っているようです。

マスター蔵本
マスター蔵本
ええ、ですがウイスキーを始めとする蒸留酒には、糖質は含まれていません。

その甘さを感じる秘密は、ウイスキーがもつ『香り』とアルコールの度数に隠されています。

今回は、ウイスキーの甘さを解説していきます。
記事の後半では、甘さが特徴的なウイスキーもご紹介するので、ぜひ最後まで読んでください。

ウイスキーの甘さの秘密1『香り』について

マスター蔵本
マスター蔵本
まずは、ウイスキーが甘く感じるのは、一つ目は原材料で二つ目はウイスキーを熟成する樽が関係しているんです。
DEFU子
DEFU子
ますます謎です。

原材料からくるウイスキーの”甘さ”とは?

例えば、アメリカンウイスキーのバーボンには、原材料にトウモロコシなどが使用されています。

トウモロコシは、大麦に比べると糖質が高い穀物です。

DEFU子
DEFU子
でも蒸留するので、トウモロコシがもつ糖質は、シッカリと抽出されていくはずですよね?
マスター蔵本
マスター蔵本
その通りですが、蒸留過程で原材料がもつ風味は残るんです。

つまり、トウモロコシが割合的に多ければ、甘くまろやかなウイスキーに近づきます。

ウイスキーを熟成する樽からくる”甘さ”とは?

そして香りは、ウイスキーを熟成する際に使用する樽にも関係しているんです。

マスター蔵本
マスター蔵本
以前ウイスキー造りの過程をご紹介した時に解説しましたが、蒸留した液(スピリッツ)は、熟成するために木製の樽を使用します。
DEFU子
DEFU子
アメリカのバーボン熟成用の樽や、シェリー酒やラム酒に使われていた樽など、色々な樽を使うんですよね。
マスター蔵本
マスター蔵本
ウイスキーが甘く感じる二つ目の理由は、どの樽を使用するかで決まります。

ウイスキー製造する時間の中で、もっとも長い時間を要するのが、この熟成の工程と言えます。

長い間、樽の中で寝かされたウイスキーには、徐々に溶け出した樽の成分と混ざることで、様々な風味をもつことができるのです。

樽によって変わる香りとは

バーボン樽で熟成されたウイスキー
まろやかなバニラやカラメルの風味をまといます。

シェリー酒の樽で熟成されたウイスキー
フルーティーな果実のような甘い華やかな香りがします。

DEFU子
DEFU子
これが香りから感じる、ウイスキーの甘さの秘密なんですね。

ウイスキーの甘さの秘密2『アルコール度数』について

マスター蔵本
マスター蔵本
ウイスキーは、国の規定にもよりますが、アルコール度数が40以上の製品もあります。
DEFU子
DEFU子
アルコール度数が高いと、なんだか舌触りがまろやかに感じますね。

一説には、このアルコール度数の高さから感じる刺激が、脳は甘さと錯覚して更には原材料や樽からくる『甘い香り』で、バニラ・カラメル・チョコ・フルーティーな果実といったものを連想するそうです。

甘さが特徴のウイスキーとは?

マスター蔵本
マスター蔵本
上記でお伝えした通り、トウモロコシなどを使用した『バーボン』やバーボン樽で熟成されたウイスキーが挙げられます。

そのほかにも、シェリー樽を使用したニッカウイスキー『コンフォートアロマ』は、華やかな熟した果実のような甘さが特徴的なウイスキーです。

DEFU子
DEFU子
甘さで言うと、あとは蜂蜜のフレーバーを加えられている『ジャックダニエル・テネシーハニー』もですね。
ぜひご賞味あれ!
価格:2,000円前後

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。