ウイスキーコラム

日本のウイスキー蒸溜所をまるっと一覧で解説!|世界で注目が高まるジャパニーズウイスキー

マスター蔵本
マスター蔵本
ジャパニーズウイスキーは、世界5大ウイスキーの中で一番歴史が浅いのが事実ですが、近年は質の高さから世界で数々の賞をとり注目されています。
世界5大ウイスキーとは?

ウイスキーの代表的な産地として、スコットランド・アイリッシュ・アメリカ・カナダ・日本が挙げられ、そこで生産されるウイスキーのことです。

DEFU子
DEFU子
それに最近では、各地方でクラフト蒸溜所が増え、独自のウイスキーが作られていますね。

今回は、今更聞けない方も多いであろう、日本国内にある各地の蒸溜所をご紹介します。

MAPで主な日本国内の蒸溜所をご紹介

日本のウイスキー蒸溜所マップ
マスター蔵本
マスター蔵本
ウイスキーに限らず、ジン・ラム・スピリッツなどを含めれば現在稼働している日本の蒸溜所は、ザックリと約30以上あります。
DEFU子
DEFU子
多いですね!

数が増えてきたのも、異業種や個人から「新たにウイスキー造りに挑む」と、ウイスキー業界への参入者が増えたことも要員の一つです。

これまでの日本のウイスキー造りは、基本的に原酒は他から購入することなく、自社で製造するスタンスが主でした。
しかし最近では、他国から原酒を購入しブレンドして作られる、ワールドウイスキーと称されるモノも販売され始めています。

例えばサントリーAO碧
価格:4,600円前後
DEFU子
DEFU子
どんどん、日本独自に新たな挑戦を行っているんですね!

 

日本有数!主なメーカーとウイスキー蒸溜所をご紹介

日本有数の主なメーカーと ウイスキー蒸溜所をご紹介
マスター蔵本
マスター蔵本
まずは、王道中の王道のよく取り上げられる蒸溜所をご紹介していきます。

 

ニッカウヰスキー:余市蒸溜所/宮城峡蒸溜所

DEFU子
DEFU子
NHKマッサンで、これまでウイスキーが身近になかった多くの人から、一躍注目を浴びた蒸溜所ですね!
マスター蔵本
マスター蔵本
そうです!
創業者の竹鶴政孝さんは、日本のウイスキー業界の土台を築いた1人と言われています。
創業者 竹鶴政孝さんは、本場スコットランドへ留学しウイスキー造りの技術を学びます。
日本に帰国後、後のサントリーの創業者 鳥井信治郎さんと共に、日本のウイスキー業界を盛り上げ、1934年に独立し余市蒸溜所を建設します。

 

マスター蔵本
マスター蔵本
『本物のウイスキー』造りに生涯を捧げた人物でしょう。

ニッカウヰスキーの現在の蒸溜所は、スコットランドに似た環境の北海道余市町にある市蒸溜所と、宮城と山形の県境辺りにある宮城峡蒸溜所です。

 

余市蒸溜所の特徴とは?

余市蒸溜所は、1934年に創設した竹鶴政孝さんの第一号の蒸溜所です。
そのため、現在でも伝統的なスコッチウイスキーウイスキーの製法を行なっていることで有名です。
世界の中で唯一、余市蒸溜所は昔ながらの石炭直下焚で蒸溜を行っています。

よく、余市蒸溜所のウイスキーは重厚感があると言われていますが、その理由がこの石炭直下焚と言われています。

この製法のおかげで、力強いスモーキーで厚みのなる印象のウイスキーへと仕上がっています。

ぜひお試しを!

※ノンエイジ(=塾数年数の表記無しのウイスキー)

価格:5,000円前後

 

宮城峡蒸溜所の特徴とは?

宮城峡蒸溜所は、1969年に建設されました。
竹鶴政孝さんが第二の蒸溜所に、宮城と山形の県境付近の土地を選んだ理由は、そこに流れる新川の水にありと言われています。

有名なエピソードですが、竹鶴政孝さんが候補地を探し訪れた際、新川の水で作ったブラックニッカの水割りを飲み即決したそうです。

宮城峡蒸溜所のモルトウイスキーは、軽やかで華やかな風味の繊細な特徴的なウイスキーに仕上がっています。

ぜひお試しを!

※ノンエイジ(塾数年数を表記しないウイスキー)

価格:4,000円前後

 

サントリー:山崎蒸溜所/白州蒸溜所/知多蒸溜所

マスター蔵本
マスター蔵本
ニッカウヰスキー創業者 竹鶴政孝さんと一緒に、ウイスキー業界を築いたのが、現在のサントリー創業者 鳥井信治郎さんです。
DEFU子
DEFU子
『やってみなはれ』と、チャレンジ精神満載な男性だと有名ですよね。

両者共にウイスキーに注目した男性ですが違いと言えば、ニッカの竹鶴政孝は「本物のウイスキー」を目指し、鳥井信治郎さんは「日本人の嗜好に合うウイスキー」を目指したところでしょう。

 

山崎蒸溜所の特徴とは?

山崎蒸溜所は、1923年に建設されそれを称してか、「1923年が日本のウイスキー元年」と呼ばれています。

現在『山崎』や『響』といった、山崎蒸溜所で製造されるウイスキーは、プレミア価格がつく程多くのファンが注目している高級路線のブランドです。
また、家飲みの1本としてリーズナブルな『角』も、販売当初からご家庭で愛されています。

山崎蒸溜所で造られるウイスキは、なんと言っても非常にバランスの良い仕上がりが特徴です。

ぜひお試しを!

価格: 9,900円前後

お酒の紹介はこちら

白州蒸留所の特徴とは?

白州蒸留所は、山崎蒸溜所創設50周年記念に建設された第二の蒸溜所です。
森林公園工場をコンセプトに、蒸溜所は南アルプス・甲斐駒ヶ岳の森林内に位置します。

山崎蒸溜所とは違う材料を使用し、発酵樽には木桶槽だけにするなど、山崎蒸溜所とは全く異なった原酒を作り出しています。

まるで蒸溜所を囲む森林を思い浮かべてしまう、クリアな透明感のあるウイスキーです。
また、爽やかで精錬とした微かなピート感
を感じます。

ぜひお試しを!

※NV=ノンヴィンテージ(塾数年数を表記しないウイスキー)

価格:8,800円前後

※白州12年

価格:29,800円前後

※白州18年

価格:75,000円前後

 

サングレイン知多蒸溜所の特徴とは?

1972年に建設されたサングレイン知多蒸溜所は、山崎蒸溜所や白州蒸溜所と違いグレーンウイスキーの蒸溜所です。

知多蒸溜所のグレーンウイスキーは、『響』『角』などで原酒として使用され、ヘビー・ミディアム・クリーンの3種類と、様々な種類の樽で熟成された原酒が製造されています。

シングルグレーン知多は、ほのかに甘く軽やかな仕上がりとなっています。

ぜひお試しを!

価格:3,400円前後

 

キリンディスティラー:富士御殿場蒸溜所

富士御殿場蒸溜所は、1972年にキリンビールとシーグラムとシーバスブラザーズの3社が合併し造られた『キリン・シーグラム社』が1973年に設立しました。

そして、グレーンウイスキーとモルトウイスキーを製造し、ボトリングまで一貫して行う世界でも珍しい複合蒸溜所です。

富士御殿場蒸溜所で造られるグレーンウイスキーは、シーグラムとシーバスブラザーズ社の技術が提供されています。
また、富士御殿場のモルトウイスキーの特徴は、50%までアルコール度数を下げ樽詰めすることでクリーンな飲み口の仕上がりです。

ぜひお試しを!

価格:3,700円前後

 

江井ヶ嶋酒造:ホワイトオーク蒸溜所

ホワイトオーク蒸溜所の施設は、1984年から稼働しモルトウイスキーを製造しています。
『ホワイトオークブランド あかし』などのブレンデッドウイスキーの生産が中心でしたが、最近ではシングルモルトも販売されています。

ホワイトオークあかしは、サッパリとした飲み口で若干辛口の仕上がりです。

ぜひお試しを!

価格:1,200円前後

お酒の紹介はこちら

 

 

最近注目!!日本のクラフト蒸溜所をご紹介

最近注目!!日本のクラフト蒸溜所をご紹介
マスター蔵本
マスター蔵本
日本のウイスキー業界をさらに盛り上げていくであろう、最近注目を集めているクラフト蒸溜所をご紹介していきます。

 

ベンチャーウイスキー:秩父蒸溜所

『イチローズモルト』『カードシリーズ』で有名なベンチャーウイスキー秩父蒸溜所は、2004年に肥土伊知郎さんが創業しその2年後に設立されました。

『イチローズモルト』はワールドウイスキーアワード2017年で、『イチローズモルト秩父ウイスキー祭2017』が、世界の1位(シングルカスクシングルモルトウイスキー部門)になったことを皮切りに、2020年までで4年連続で受賞しています。

蒸溜所の建設に関わっていた岩井喜一郎さんと、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝さんに交流があったことから、ウイスキー製造に『竹鶴ノート』を参考にされていると言われています。

ぜひお試しを!

価格:3,680円前後

 

本坊酒造:マルス信州蒸溜所/マルス津貫蒸溜所

本坊酒造はウイスキーの生産を、1949年から鹿児島工場で1960年からは山梨工場でも行い、1985年から生産拠点を信州工場へ移転したものの、1992年以降生産を休止していました。
2011年から生産再開しています。

大手メーカーのように、親会社として複数の蒸溜所をもつメーカーとして、また屋久島のウエアハウス(保税貯蔵庫)・エージング(熟成)体制が揃っており、仕上がる原酒に多くの愛好家から注目されています。

 

マルス信州蒸溜所の特徴とは?

本坊酒造の2011年から再稼働したのが、このマルス信州蒸溜所です。
氷点下15℃を下回るほどの気候で、アルプスの雪解け水が濾過された良質な水が揃った環境によって造られています。

ぜひお試しを!

価格:4,000円前後

 

マルス津貫蒸溜所の特徴とは?

2016年に、本坊酒造の第二の蒸溜所として解説されたのが、鹿児島県南さつま市にあり本土最南端に位置するマルス津貫蒸溜所です。

マルス津貫蒸溜所は、若き造り手の草野辰朗さんが中心となり、新たなウイスキーへ挑戦しています。

ぜひお試しを!

※こちらの1本は生産終了が発表されています。

価格:28,000円前後

 

笹の川酒造:安積蒸溜所

1765年に創業した笹の川酒造は、日本酒・清酒・合成酒・甲類焼酎・乙類焼酎・洋酒(スピリッツ・リキュール・ウイスキー)などを製造しています。
ウイスキー造りは、1946年に免許を取得してからはじめ、当時は海外から輸入したモルト(原酒)を、自社で製造したアルコールとブレンドしていたそうです。

創業250周年の2015年に、本格的にモルトウイスキーの東北最古の蒸溜所『安積蒸溜所』を創設しされました。

ウイスキー製造には、親交のあるベンチャーウイスキー秩父蒸溜所の肥土伊知郎さんからのノウハウが活かされています。
『ニューボーン』『963』など、様々なシリーズが販売されています。

ぜひお試しを!
価格:3,000円前後

お酒の紹介はこちら
※ふるさと納税↓

価格:10,000円前後

 

ガイアフロー:ガイアフロー静岡蒸溜所

ガイアフローの代表の中村大航さんが異業種から2012年から参入し、2016年に静岡蒸溜所を竣工しました。
ウイスキーの愛好者であったものの、製造販売などは全て未経験のところからスタートし、秩父蒸溜所などへ足繁く通っていたそうです。

新たなウイスキー造りを目標に、蒸溜所内は徹底して地元の素材にこだわり、発酵槽などは地元産の杉を使用し、壁や天井などにも利用されています。
そして、薪直下焚きのポットスチルや、2012年に完全に閉鎖された軽井沢ウイスキー蒸溜所のポットスチルを使用しています。

まだ製造が開始して約4年ですが、作り手は若い20代が中心となり仕込み、2021年からは増産の予定されているそうです。
また、宣伝を兼ねた販売がユニークなのも注目されています。

一つが『静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクション』と呼ばれる、5年の間に年1回合計6種類の製品が手元に届くサービスです。
(初年度は1年間熟成した原酒、2年目の原酒、3年目…..といった熟成具合が楽しめる新サービスです。)

もう一つが、2020年7月に受付が開始された、樽のオーナーになれる『静岡プライベートカスク』サービスです。

海外からも非常に注目され、今後のウイスキーに期待せざる終えません。

 

長濱浪漫ビール:長濱蒸溜所

1995年、滋賀県の長浜市で設立されたビール工房の長濱浪漫ビールが、2016年にウイスキー蒸溜所として開設したのが長濱蒸溜所です。

日本最小クラスの敷地面積で、麦芽の粉砕工程から発酵まではビールの製造と兼用し、瓢箪型のポットスチルで蒸溜しています。

シングルモルトを発売する前に、AMAHAGAN(アマハガン)やニューメイクを発売し、2020年5月に『シングルモルト長濱』シリーズが発売されました。

ぜひお試しを!
価格:5,200円前後

お酒の紹介はこちら

 

最後に

DEFU子
DEFU子
日本もたくさんの蒸溜所があるんですね!
マスター蔵本
マスター蔵本
ええ。
今後の楽しみといえば、ここ数年に建設された蒸溜所のシングルモルトウイスキーが発売されるのが待ち遠しいですね。

ぜひ、まだ飲んだことがない蒸溜所のウイスキーがあれば、挑戦してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)